gmo wimax キャッシュバック3つの注意点

WiMAXのギガ放題って何?料金プランや制限を解説します

ギガ放題とは

WiMAXの料金プランは携帯電話のプランのように種類は多くありません。さらに2019年10月からUQ WiMAXBIGLOBE WiMAXの2社は料金プランを1つにしています。

そこでこのページではどこのプロバイダでも契約できるWiMAXの最も人気のある「ギガ放題」プランについて解説していきます。

WiMAXのギガ放題プランとは

WiMAXのギガ放題は「月間データ量の上限なし」でWiMAX2を利用できるコスパの高いプランです。

まずはこのギガ放題の詳細を確認していきましょう。

ギガ放題の特徴
  1. 月間データ量の上限なし
  2. WiMAXの高速通信プラン
  3. 料金が安い

月間データ量の制限なし

WiMAXの一番の特徴といえばこの「月間データ量の上限が無い」ことです。スマホや携帯電話の料金プランを見ていただくとわかりますが、普通は月間〇〇GBで〇〇円。このような決まりまがあります。

2021年に入り、ahamoやpavoやlinemoといったプランがスタートしていますが、これらの通信プランは月のデータ通信量20GBで3000円を切る価格で販売されてます。

これは格安SIM会社も同じでそもそも契約時に月のデータ量(月7GBや月1GBなど)をもとに料金が決まっています。

ギガ放題プランは月間のデータ容量制限がありません。月額容量無制限でインターネットを利用することができます。

ギガ放題プランには月間のデータ量の制限はありませんが、混雑回避のための制限と別モードを利用したときの制限gがあります。こちらに関しては後ほど解説します。

WiMAXの高速通信プラン

WiMAXは格安スマホのの類だと思われる方もいらっしゃるようですが、WiMAXは格安スマホとは違います。

格安スマホは「ドコモ・au・ソフトバンク」などの回線を借りてそれをユーザーに貸し出すサービスです。WiMAXは他社から回線を借り入れるのではなく、自社で回線を運営しています。自社で基地局を持っていて、それを自社で整備しています。

2013年には従来のWiMAXで利用していた周波数帯に総務省から2013年に追加で周波数割り当てられることになりさらに高速化を実現しています。

現在のWiMAX2+回線のみを利用した理論値では下り最大558Mbpsの速度が出せるようになっています。またau 4GLTEとのキャリアアグリゲーション(CA)ではさらに高速となる下り最大1.2Gbpsに到達しています。

このようにWiMAXの通信速度は非常に高速です。

料金も安い

使っている電波が違っていたりするので単純な比較は難しいのですが、WiMAXはその通信料金プランも非常に安いです。

そこで同じような周波数帯を利用していて無制限のプランを販売しているソフトバンクのグループ会社のワイモバイルのポケットWifiと料金プランを比較してみます。

余談ですが、ワイモバイルはソフトバンクグループに吸収される前はWiMAXと同じようにポケットWifiサービスを提供する会社でした。

当時はWiMAXとイー・モバイルの2社で切磋琢磨する状況でしたが、現在は随分と違います。ではこの2社の料金プランを比較していきます。

項目 WiMAX2+ Yモバイル
実質月額 3841円 5102円

※実質月額 = (機種代金 + 初月料金 + (月額料金 × 契約月数) + 更新月の月額料金 - キャッシュバック)÷ 契約月数

通常YモバイルのPocket Wifiプラン2(ベーシック)は月に7GBまでしか利用できません。この料金プランにアドバンスドオプションを付加すると、7GBを超えて月間のデータ容量無制限で利用することができます。そのオプションまで含めた金額がさきほどの金額となります。

WiMAXの料金は月額で最も安いと評判の「GMOとくとくBB WiMAXの料金プランで算出しています。大きな金額差がついているのがわかります。

それだけWiMAXの通信料金が安いということです。

このようにWiMAXのギガ放題プランは「月間のデータ容量無制限」「高速通信」「格安料金」で利用できるポケットWifiの料金プランだということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

ギガ放題プランの制限について

ギガ放題プランは月のデータ容量は無制限ですが、速度制限が2つあります。

  • 混雑回避の3日10GB制限
  • ハイスピードプラスエリアモードの月7GB制限

混雑回避の3日10GB制限

前日までの3日間のデータ通信量合計が10GBを超えていると当日の18:00から翌2時までのおよそ8時間の間速度が1Mbpsに制限されます。

その時間以外は制限されることはありません。夜中2時から18:00までは制限がかかることはありません。18:00から2時に多く使いたい方には向いていませんが、日中に多く利用したいなら問題なく利用できます。

詳しくは以下の記事にもまとめています。

ハイスピードプラスエリアモードの月7GB制限

これは厳しい制限です。WIMAXには2つのモードがあります。「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」です。

特徴 ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
利用回線 WiMAX2+ au4GLTE
WiMAX2+
利用可能データ量 月間無制限 月7GBまで
3日制限 あり あり

ハイスピードプラスリアモードはau4GLTEを利用できるので便利ですが、月7GBまでしか使えません。7GBを超えると、ハイスピードモードも含めて128kbps以下に速度が制限されます。128kbpsはSNSすら困難なレベルで遅いのでもはや使い物になりません。

まとめ

このページではギガ放題プランに関してまとめました。

WiMAXは「月間通信量無制限」「高速」「料金が安い」が魅力の料金プランです。

販売当初はライトプランの月7GBも決して悪いプランではなかったのですが、格安SIMがこれだけ普及するとまったく契約するメリットがないため、WiMAXを契約するならギガ放題一択と考えるのがいいでしょう。

これからWiMAXを契約するのに悩んでいるならWiMAXの契約方法や選び方をまとめたのでこちらの記事も参考にしてみてください。

よくある質問

ギガ放題プランって何?
wimax2+で2つあるプランのうちの1つ。高速・大容量が売りのプランです。
まったく制限なく利用できるの?
3日10GB制限と、ハイスピードプラスエリアモードの制限があります。
ギガ放題以外のプランもある?
一部のプロバイダでは月7GBまでのプランも取り扱いがあります。
契約期間は?
3年契約が基本です。UQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXは短期契約プランも用意しています。