「コンセントにさすだけ!おうちまるごと快適Wifi」「工事不要誰でもかんたん」とWiMAXと似た感じがあるSoftBankAir(ソフトバンクエアー)。

ただ、残念ながら現時点ではSoftBankAir(ソフトバンクエアー)はおすすめできません。その3つの理由を解説していきます。

目次

  1. SoftBankAir(ソフトバンクエアー)は速度がでない。口コミ評判はかなり厳しい意見が多い
  2. SoftBankAir(ソフトバンクエアー)はそもそもどれだけ速度が出るのか
  3. SoftBankAir(ソフトバンクエアー)は速度制限あるの?どれだけ遅くなる?
  4. SoftBankAir(ソフトバンクエアー)の料金は?
  5. Airターミナル本体の代金はかからない?
  6. SoftBankAir(ソフトバンクエアー)の購入をおすすめしない3つの理由まとめ
  7. 今契約するならGMOとくとくBB WiMAX2+キャンペーン
  8. 最新機種を安く契約できるのはGMOとくとくBB WiMAX

SoftBankAir(ソフトバンクエアー)は速度がでない。口コミ評判はかなり厳しい意見が多い

口コミなどの評判は特にネットだと悪いほうが目立ってしまうのであまり鵜呑みにはできないのですが、SoftBankAir(ソフトバンクエアー)の口コミ・評判はかなり厳しい意見がおおいようです。

特に目立つのは「回線速度に関して」

一度使うと分かりますが、夜の時間帯はとにかく速度がでません。もちろんこれは利用環境によって変わるので一概には言えませんが。

かなり速度に対する不満が多いです。

評判もみていても誰もが「夜は速度低下が激しい」とか、「20時すぎるときっちり5Mbps以下に絞ってくる」なんて話が多く出てきます。このようにネット上では「十分な速度が出ている満足!」という口コミをほとんど目にすることはありません。

ただし、あくまでも厳しい意見が多いのは夕方以降も利用したいユーザーに多く、日中の時間につかうならそれほどストレスなく利用できそうです。

SoftBankAir(ソフトバンクエアー)はそもそもどれだけ速度が出るのか

そもそもSoftBankAir(ソフトバンクエアー)はどれだけ速度がでるでしょうか。

利用できる地域や利用中の機種によっても速度が異なります。

機種 速度
Airターミナル2 261Mbps
Airターミナル3 350Mbps
Airターミナル4 481Mbps

さらに地域によっては下り最大175Mbps/165Mbps/112.5Mbps/110Mbpsしかでない場所もあるようです。

WiMAXでいま一番人気のW06のWiMAXの速度やau 4G LTEの速度にはぜんぜん届いていません。もしかすると、そもそも最大通信速度の差をみても実行速度が出にくい原因となっているのでしょうか。

日中だけインターネットに接続するならSoftBankAir(ソフトバンクエアー)でもいいでしょう。夜もネット接続するならWiMAXのほうが良さそうではないですか?

SoftBankAir(ソフトバンクエアー)は速度制限あるの?どれだけ遅くなる?

SoftBankAir(ソフトバンクエアー)には速度制限があります。そもそもサービス開始をした2014年のスタート時には

パケット利用量の制限がない定額制サービスのため、大容量データ通信や家族で共用してのインターネット利用が月額4,196円でデータ量の制限なく利用可能です。

として始まっていたにもかかわらず、わずか4ヶ月後には利用規約を改定。

本サービスの安定供給を目的として、当社(ソフトバンク)の判断により、会員の本サービス利用に係る通信に割り当てる帯域を制限する場合があります。

正直、ソフトバンクは本当にこうした事案が多いです。

ですから2019年現在もSoftBankAir(ソフトバンクエアー)に制限はあります。以下が現在の制限状況です。

サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

  • ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
  • 以下のコンテンツ・サービスなどをご利用の際、通信速度の制限を行う場合があります。なお、通信の切断は行いません。
    • 音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス
    • MPEG、AVI、MOV 形式などの動画ファイル
    • BMP、JPEG、GIF 形式などの画像ファイル
    • 動画閲覧、高画質画像閲覧、P2P ファイル交換、ソフトウェアダウンロードなどを伴うサイト、アプリケーションなど
  • 特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
  • 特定エリアおよび特定時間帯におけるネットワークの高負荷が一部のお客さまの利用によるものと考えられる場合であって、過去3ヵ月の利用状況からその再現性が非常に高いと判断されたときのみ、サービス安定提供のため、該当のお客さまに対する速度制限を行う場合があります。

ソフトバンクの特徴として「〇〇GB利用したらどれだけ制限」などの条件を明確にしてくれません。だから気をつけようがないんです。

それにそもそも、「動画、高画質画像、アプリやゲームに制限を行う場合がある」これは利用者には辛いのではないでしょうか。そもそもこうしたWifiを契約をするのは動画やゲームなどがしたいからだったりしませんか?それに制限がかかってしまうのはどうなんでしょうか。

利用用途が制限される、夜になったら問答無用で遅くなる、突然制限がかかることもある。これでは快適とは言いがたいのはないでしょうか。

動画やゲームをしたい、夜の時間帯にネットを使いたいならSoftBankAir(ソフトバンクエアー)は避けたほうが良さそうですね。

SoftBankAir(ソフトバンクエアー)の料金は?

SoftBankAir(ソフトバンクエアー)の料金は月額基本料金が4,880円です。この月額料金には基本料金とAirターミナル4分割支払金が含まれています。

2019年6月からのキャンペーンで契約から1-12ヶ月目まで割引になるキャンペーンを行っているので、1-12ヶ月は3,800円でそれ以降は4,880円です。

SoftbankAir
月額料金1-12月 3,800円
月額料金13-24月 4,800円
合計 103200円
実質月額 4300円

契約期間合計金額を利用期間で割った実質月額で4300円です。これはWiMAXの料金と比べると高いですね。いまWiMAXのモバイルルーターで一番人気のあるW06で最も安い料金だと実質月額で3,000円台前半の料金になっています。料金の詳細はWiMAX W06のキャンペーンを徹底比較!選ぶべきプロバイダーはここだ!でご確認ください。

WiMAXと比較して1,000円ほどSoftBankAir(ソフトバンクエアー)のほうが高い計算になります。

Airターミナル本体の代金はかからない?

Airターミナル本体の代金が実は58,320円かかります。これちょっと高いですね。ただ本体の分割購入を選択すれば本体の代金はかかりません。月々割で実質無料となります。しかし実はこの端末代金にも落とし穴があります。

端末の割賦購入は3年なんです。

Softbankair
Airターミナル代金 1620 ☓ 36ヶ月
月月割 -1620 ☓ 36ヶ月

契約している間なら「月月割」の効果で本体の分割代金分と同額が値引きされます。だから端末代金はかかりません。

でもよくみると端末の分割期間が36ヶ月になっています。SoftBankAir(ソフトバンクエアー)の契約期間は2年間なのにです。

もし、2年間で解約した場合にはあと1年間は端末の分割代金を1620を12ヶ月分支払い続けないといけません。すると2年で解約したときの本当の料金はこうなります。

SoftbankAir
月額料金1-12月 3,800円
月額料金13-24月 4,800円
機種代金 19440円
合計 122640円
実質月額 5110円

SoftBankAir(ソフトバンクエアー)は2年ごとの契約なので、さらに2年利用し続ければ月々割が有効になりすから、それも計算してみましょう。4年で解約した料金です。

SoftbankAir
月額料金1-12月 3,800円
月額料金13-48月 4,800円
合計 218400円
実質月額 4550円

2年で解約するよりも4年つかったほうが実質月額は下がりますが・・・。4年も同じ端末を使い続けないといけない&それでも4500円は高い。WiMAXなら3,000円台前半です。

またソフトバンクエアーは2年契約なので契約途中で解約すると解約違約金9,600円を支払わないといけません。

このようにソフトバンクの契約はそもそも端末代金が高すぎるのと契約期間と本体割賦購入期間をあえてズラすことで高額な契約になる仕組みになっています。このへんがソフトバンクの嫌なところなんですよね。(つい本音が)

SoftBankAir(ソフトバンクエアー)の購入をおすすめしない3つの理由まとめ

あらためてまとめます。SoftBankAir(ソフトバンクエアー)購入を当サイトがおすすめしないのは

  • 夜は速度が出ない
  • 速度制限の基準が分からないうえに動画など高速通信が必要なコンテンツに速度制限がかかる仕組みになっている
  • みかけは安く見せているが、結局高くなる料金プランが気に入らない

この3つになります。同じように工事不要で利用できるWiMAXがあるのですから、WiMAXを契約したほうが料金が安く、速度制限も厳しくなく、夜も快適ですから間違いないと思います。

今契約するならGMOとくとくBB WiMAX2+キャンペーン

最新機種を安く契約できるのはGMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX2+

今月も最新機種を最安で契約できるプロバイダーはGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンでした。

とにかく安く契約したならGMOとくとくBBのキャッシュバックプランでの契約をおすすめします。

GMOとくとくBBのWEB限定キャンペーンはこちら↓↓↓

GMOとくとくBB 公式ページへ