いま人気の高いプロバイダー2社の比較です。

実質主要プロバイダーの中でもトップ2の料金プランとなっている2社です。GMOとくとくBBを避けたい方はSo-net(ソネット)WiMAXと契約するのがいいと思います。

それではSo-net wimax GMOとくとくBB WiMAX比較していきましょう。ここでは単純な料金プランの比較だけではなく、契約時、利用中、解約時まで徹底的に比較していきます。

まずは両プロバイダの料金を見ていきましょう。

So-net GMOとくとくBB 料金比較

まずは最新機種で人気NO1&速度もNO1のwx05のキャンペーン比較をしていきます。

順位 会社 実質月額 公式 特典 月額 キャッシュ
バック
総合計 特典
1位 GMO 3342 公 式 キャッシュ
バック
4263 32100 123669 公 式
2位 GMO 3373 公 式 月額割引 3480 0 124830 公 式
3位 So-net 3522 公 式 月額割引 3620 0 130320 公 式
4位 BIGLOBE 3522 公 式 月額割引 3620 0 130320 公 式
5位 dti 3525 公 式 月額割引 3760 0 130430 公 式
6位 カシモ 3563 公 式 月額割引 3580 0 131848 公 式
7位 Broad 3550 公 式 月額割引ß 3411 0 131352 公 式
8位 UQ 4324 公 式 キャッシュ
バック
4380 3000 160008 公 式

1位も2位もGMOとくとくBBです。2019年2月のキャンペーン更新で、GMOとくとくBBがキャッシュバックを大きく削ってきました。ともにSo-net WiMAXよりも安い料金となっているもののその差はわずか。キャッシュバックキャンペーンとの比較で月あたり313円。月額割引との比較で149円安くなっています。ただGMOとくとくBBのメリットといえば料金が安いことだけ。問題はGMOとくとくBBが非常に手間がかかるプロバイダーだということです。

では料金以外で両プロバイダーのどこが違うのかを見ていきましょう。

So-netとGMOとくとくBBを料金以外で比較

So-net GMO
キャシュバックの受取 月額割だから無し 11ヶ月後に届くメールから手続き
強制オプション なし 2つあり
解約違約金 通常 高額
機種変更 1年10ヶ月以降は無料 できない(新規契約になる)
解約手続き WEBでできる 更新月はWEBでそれ以外は電話かメール

このようになりました。内容の詳細を説明します。

GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取りが面倒

GMOとくとくBBのキャッシュバックプランは受け取り方法が非常に面倒です。契約から11ヶ月後にGMOとくとくBBのメールアドレスにメールが送信され、そのメールから手続きをしないとキャッシュバックが受け取れません。

11ヶ月も先ですからキャッシュバックの存在を忘れた頃に連絡があります。しかも自分が普段利用しているメールではなく、契約時にGMOとくとくBBから付与されるメールアドレスに。

メールに気づかずにキャッシュバックを貰いそこねる人が多数います。

So-net wimaxは月額割引なので、とくに手続きの必要もありません。

GMOとくとくBBは強制オプションがある

契約画面に進んではじめて気づくのですが、途中でオプションを選択する画面が登場します。

強制オプション

これ強制オプションで契約時は外すことができません。「安心サポート」か「安心サポートワイド」を選択するしかないんです。契約から最大2ヶ月は無料のオプションですが、解約しないと料金が請求されます。

このオプションは端末送付月の翌月以降しか解約できません。オプションはこれだけではなく、もう一つ強制オプションがあります。

強制オプション

こちらは契約後すぐにGMOとくとくBB会員専用ページから解約できます。が、こちらも解約を忘れると毎月請求がきます。

オプションも解約忘れをする人が多いようです。

GMOとくとくBBの面倒な手続きと高額な違約金設定

中途解約しないなら関係ないですが、GMOとくとくBBは中途解約違約金が高額です。

期間 So-net GMO
1-12ヶ月 19,000円 24,800円
13-24ヶ月 14,000円 24,800円
25ヶ月~ 9,500円 9,500円

So-net WiMAXの違約金はUQコミュニケーションズが定めた違約金と同じ金額。そしてGMOはなぜかそこか上乗せ!特に2年目は10,000円以上上乗せしてます。もちろん解約しなければ関係ないんですが。

このようにGMOとくとくBBは料金が安い代わりに面倒な手続きを多く必要とします。もしキャッシュバック手続きを忘れたらキャッシュバック受け取れません。オプションの解約を忘れたらオプション料金が毎月請求されます。

一方でSo-netは契約後の面倒な手続きがありません。月額割引ですから何もしないでも料金が割り引かれます。契約したら解約までは面倒な手間はありません。

さらにこの2社の大きな差になるのが契約途中での機種変更ができるかどうかの差です。

注目ポイントは機種変更

sonetなら機種変更無料

まずは特に注目してほしいのが、So-net WiMAXは3年契約でも2年10ヶ月目以降に無料で機種変更が出来る点です。手続きもWEB上で全て完結できます。

機種が古くなってきたら、最新機種へ乗りかえどき! 無料で最新機種と交換できるから、大容量のバッテリー、最新の高速通信対応機種でずっと快適にWiMAX 2+ をご利用いただけます。

参照: So-net wimax

この機種変更サービスは契約経過月数に応じて機種購入代金が決まります。実は契約から1年7ヶ月目から新端末を6,000円で購入することができるようになります。

通常WiMAXはWiMAXの通信契約と同時にしか端末を購入できません。購入するとしたら中古端末などを購入することになります。

So-net WiMAXなら機種変更サービスが利用できるので、契約途中に最新端末を購入することができます。

もし契約途中で機種が故障したら?1年目はメーカーの補償サービスで自然故障なら修理費は無料です。でも2年目は?もしかすると機種変更サービスで新機種を購入したほうがお得かもしれません。

契約途中で新端末が発売されて、その機種が魅力的だったら?機種変更サービスが使えないプロバイダなら3年契約が終わるの待つしかありません。でも機種変更サービスがあれば契約期間途中でも新機種が購入できます。

ちなみにこのサービスはSo-netが独自で行っているものではなくUQ WiMAXが提供しているサービスです。詳しくはこちらの記事で解説しています⇒WiMAX2+の契約に機種変更サービスつきプロバイダを選ぶべき理由

ですがGMOとくとくBBはこの公式が提供しているサービスに参加していません。ですからGMOとくとくBBでは無料で機種変更が出来ないんです。

契約後にも最新機種は発売されます。その時にWiMAXの速度がもっと速くなっているかもしれません。もっと電波感度が強化されるかもしれません。使っている端末のバッテリーの持ちが悪くなっているかもしれません。

そんな時にSo-net WiMAXなら1年7 ヶ月以降は6,000円で新端末をゲットできます。圧倒的にSo-netがお得です。

結論

当サイトで一番のおすすめはSo-net WiMAXです。

面倒な手続きがなく、契約途中で最新機種が無料で手に入り、契約満了まで安く利用できます。たしかにWiMAX最安クラスのGMOとくとくBBと比べるとやや料金プランは高いですが、それでも月あたり313円しか差がありません。途中で新機種が購入できることを考えると、こんな料金差はあってないようなもの、むしろGMOとくとくBBのほうが高くつきます。

もしこの2社のプロバイダー選びで迷っているなら、面倒な手続きがなしで安く利用できて、契約途中で新端末を購入することができるSo-net WiMAXと契約しておけばあとで後悔することもないでしょう。

機種変更まで考えるならSo-net(ソネット)WiMAXがおすすめ

Sonet WiMAX

So-netは月額も安く機種変更も無料

3年契約になるとルーターのバッテリー持ちが心配になるかも知れません。

利用頻度が高ければ高いほど、バッテリーの持ちが悪くなる可能性もあります。また3年契約のうちに性能がグッと上がる機種が発売されるかもしれません。

So-net WiMAXなら1年7ヶ月以降の機種アップグレードは6,000円。6,000円で最新端末に変更することができます。普通に購入すると、機種一台の購入でも定価なら19800円、未使用品をネットで購入しても1万円弱はかかります。それが6,000円です。

So-netは月額割引でずっと請求額が変わりません。それでいてGMOとくとくBBに次ぐ金額です。3年契約ですから端末の故障時の備えも必要です。契約途中で端末を安く買いたせるサービスはかなり便利です。

So-net WiMAX WEB限定キャンペーンはこちら↓↓↓↓

So-net(ソネット) WiMAX 公式ページへ

契約するならWX05がおすすめ

これから契約するなら最新端末のWX05をおすすめします。同じく最新端末のW06との比較は【W06とWX05を比較】WiMAX2+どっちを契約?今選ぶならこっちがおすすめでしているのでそちらも参考にどうぞ

画像 w06の画像 wx05の画像
機種名 W06 WX05
製造元 HUAWEI NECプラットフォームズ
ネットワーク WiMAX2+, au 4G LTE WiMAX2+, au 4G LTE
速度 下り最大558Mbps 下り最大440mbps
速度(lte) 下り最大1.2Gbps 下り最大440mbps
重さ 125g 128g
外寸 h128×W64×D11.9mm h111×W62×D13.3mm
カード規格 Nano IC Nano IC
使用時間 9 11.5
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/n/a(5GHz) ,11n/g/b(2.4GHz) IEEE802.11ac/n/a(5GHz) ,11n/g/b(2.4GHz)

比較してみると分かりますが、サイズが小さく、軽量で、電池持ちがいいのはWX05になります。W06は速度が速いです。しかし、この数値はあくまでも理論値。実際につかってもほとんど速度差は感じることができませんでした。

さらにWX05はWiMAXハイパワー対応機です。WiMAXハイパワーは電波が弱い時に通信品質を向上させる機能です。電波が弱い場所だと、これまでの機種はどうしても速度がでなくなります。WiMAXハイパワー対応のWX05なら最大20%も速度アップさせることができます。

電波が弱い場所でもより速い速度が維持できる、サイズも小さく軽い、2時間半も長く利用ができる、バッテリーも自分で交換可能。それを考えるとWX05を選んがほうが使い勝手はいいです。おすすめはWX05ですね。

機種変更まで考えるならSo-net(ソネット)WiMAXがおすすめ

Sonet WiMAX

So-netは月額も安く機種変更も無料

3年契約になるとルーターのバッテリー持ちが心配になるかも知れません。

利用頻度が高ければ高いほど、バッテリーの持ちが悪くなる可能性もあります。また3年契約のうちに性能がグッと上がる機種が発売されるかもしれません。

So-net WiMAXなら1年7ヶ月以降の機種アップグレードは6,000円。6,000円で最新端末に変更することができます。普通に購入すると、機種一台の購入でも定価なら19800円、未使用品をネットで購入しても1万円弱はかかります。それが6,000円です。

So-netは月額割引でずっと請求額が変わりません。それでいてGMOとくとくBBに次ぐ金額です。3年契約ですから端末の故障時の備えも必要です。契約途中で端末を安く買いたせるサービスはかなり便利です。

So-net WiMAX WEB限定キャンペーンはこちら↓↓↓↓

So-net(ソネット) WiMAX 公式ページへ

関連記事

併せて読みたい【W06とWX05を比較】WiMAX2+どっちを契約?今選ぶならこっちがおすすめ

併せて読みたい【WX05とW05を比較】どっちを契約?選び方の3つのポイント

併せて読みたいWiMAX WX05のキャペーンを徹底比較!WX05を契約するならこのプロバイダ!