いま人気の高いプロバイダー2社の比較です。

実質主要プロバイダーの中でもトップ2の料金プランとなっている2社です。GMOとくとくBBを避けたい方はSo-net(ソネット)WiMAXと契約するのがいいと思います。

それではSo-net wimax GMOとくとくBB WiMAX比較していきましょう。ここでは単純な料金プランの比較だけではなく、契約時、利用中、解約時まで徹底的に比較していきます。

まずは両プロバイダの料金を見ていきましょう。

目次

  1. So-net GMOとくとくBB 料金比較
  2. So-netとGMOとくとくBBを料金以外で比較
  3. GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取りは注意が必要
  4. GMOとくとくBBは強制オプションがある
  5. 解約規約金の額は同じになったのでどちらでも変わらない
  6. 結論
  7. 最新機種を安く契約できるのはGMOとくとくBB WiMAX
  8. 契約するならWX06がおすすめ
  9. 最新機種を安く契約できるのはGMOとくとくBB WiMAX
  10. 関連記事
  11. So-net wimaxとGMOとくとくBB WiMAXの質問まとめ
  12. So-netとGMO WiMAXならどちらがお得なの?
  13. So-netとGMOで利用できるエリアが違ったりするの?
  14. 取り扱い端末はどちらも同じ?

So-net GMOとくとくBB 料金比較

まずは最新機種で人気NO1&速度もNO1のw06のキャンペーン比較をしていきます。

順位 会社 実質月額 公式 特典 月額 キャッシュ
バック
総合計 特典
1位 GMO 3274 公 式 キャッシュ
バック
4263 34600 121169 公 式
2位 GMO 3319 公 式 月額割引 3480 2000 122830 公 式
3位 Broad 3550 公 式 月額割引 3411 0 131352 公 式
4位 カシモ 3622 公 式 月額割引 3580 0 134048 公 式
5位 So-net 3936 公 式 月額割引 4379 0 145656 公 式
6位 BIGLOBE 2830 公 式 キャッシュ
バック
3980 7500 104720 公 式
7位 UQ 2945 公 式 キャッシュ
バック
3880 3000 109000 公 式

1位も2位もGMOとくとくBBです。2019年2月のキャンペーン更新で、GMOとくとくBBがキャッシュバックを大きく削ってきました。ともにSo-net WiMAXよりも安い料金となっているもののその差はわずか。キャッシュバックキャンペーンとの比較で月あたり662円。月額割引との比較で617円安くなっています。これだけの金額差となってしまうとSo-netを選ぶのは難しくなってしまうのではないでしょうか。料金面はGMOとくとくBB WiMAXの圧勝です。

では料金以外で両プロバイダーのどこが違うのかを見ていきましょう。

So-netとGMOとくとくBBを料金以外で比較

So-net GMO
キャシュバックの受取 月額割だから無し 11ヶ月後に届くメールから手続き
強制オプション なし 2つあり
解約違約金 通常 高額
機種変更 15,000円支払えば新機種を購入可能 できない(新規契約になる)
解約手続き WEBでできる 更新月はWEBでそれ以外は電話かメール

このようになりました。内容の詳細を説明します。

GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取りは注意が必要

GMOとくとくBBのキャッシュバックプランは受け取りには注意が必要です。契約から11ヶ月後にGMOとくとくBBのメールアドレスにメールが送信され、そのメールから手続きをしないとキャッシュバックが受け取れません。

11ヶ月も先ですからキャッシュバックの存在を忘れた頃に連絡があります。メールに気づかずにキャッシュバックを貰いそこねる人が多数います。ただこの受け取り忘れが多かったのは何年も前の話です。いまは手元にスマホがありますから、11ヶ月後に忘れないようにスケジュールアプリを活用すればいいだけです。

キャッシュバックの手続きといっても振り込み用の口座を指定するだけなので何ら難しいことはありません。忘れないようにさえ気をつけていれば確実に受け取れます。キャッシュバック手続きの詳細は経験者だから分かる!gmo wimaxキャッシュバックの受け取り方法と3つの対策に詳しく書いたので気になるかたは見てください。

So-net wimaxは月額割引ですが、その割引金額があまりにも少なすぎます。

GMOとくとくBBは強制オプションがある

契約画面に進んではじめて気づくのですが、途中でオプションを選択する画面が登場します。

強制オプション

これ強制オプションで契約時は外すことができません。「安心サポート」か「安心サポートワイド」を選択するしかないんです。契約から最大2ヶ月は無料のオプションですが、解約しないと料金が請求されます。

このオプションは端末送付月の翌月以降しか解約できません。オプションはこれだけではなく、もう一つ強制オプションがあります。

強制オプション

ただオプションの解約もスケジュール登録さえしておけばGMOとくとくBBとの契約後にとくとくBB会員ページでポチポチと解約すればいいだけです。ちょっと手間ではありますが、その分So-netとGMOでは金額が違いますからね。

解約規約金の額は同じになったのでどちらでも変わらない

以前のGMOとくとくBBは中途解約の違約金が高額な設定となっていました。現在は他のプロバイダと変わらない金額になっているので、この点はSo-netもGMOも同じです。

期間 So-net GMO
1-12ヶ月 19,000円 19,000円
13-24ヶ月 14,000円 14,000円
25ヶ月~ 9,500円 9,500円

結論

当サイトで一番のおすすめはGMOとくとくBB WiMAXです。

WiMAXの契約はどこのプロバイダで契約をしても通信エリア・速度・機種などは変わりません。

となると一番重要なポイントは料金ということになります。その料金でSo-netとGMOとくとくBBとでは24487円もSo-netのほうが高異契約となります。

ですから当サイトでは安く契約のできるGMOとくとくBB WiMAXをおすすめします。

GMOとくとくBB WiMAX2+キャンペーン

最新機種を安く契約できるのはGMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX2+

今月も安く契約できるプロバイダはGMOとくとくBBでした。

おすすめのキャンペーンは「au 4G LTE」回線が無料で利用できるギガ放題3年プラン。WiMAXは建物内や、地下、ビルの影などで突然圏外になることも少なくありません。

これまではauのLTE回線を利用した月は1,005円別途料金がかかりましたが、ギガ放題3年プランならそれが無料。WiMAXが圏外になったときにはすぐにLTEに切り替えられるので快適に利用できます。

GMOとくとくBBのWEB限定キャンペーンはこちら↓↓↓

GMOとくとくBB 公式ページへ

GMOとくとくBB再契約の場合やキャッシュバックプランは面倒なら ⇒ GMOとくとくBB 月額割引 公式ページ

契約するならWX06がおすすめ

これから契約するなら1月30日に発売されるWX06がおすすめ。ファーウェイのW06は発売日がすでに1年前となっています。当サイトではWX06レビュー!契約はアリ?速度は?評判は?メリット・デメリットからWX05やW06との違いを解説しましたにレビューを追加していく予定です。スペック比較は以下の通り。

画像 w06の画像 wx06の画像
機種名 W06 WX06
製造元 HUAWEI NECプラットフォームズ
ネットワーク WiMAX2+, au 4G LTE WiMAX2+, au 4G LTE
速度 下り最大558Mbps 下り最大440mbps
速度(lte) 下り最大1.2Gbps 下り最大440mbps
重さ 125g 127g
外寸 h128×W64×D11.9mm h111×W62×D13.3mm
カード規格 Nano IC Nano IC
使用時間 9 11.5
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/n/a(5GHz) ,11n/g/b(2.4GHz) IEEE802.11ac/n/a(5GHz) ,11n/g/b(2.4GHz)

比較してみると分かりますが、サイズが小さく、軽量で、電池持ちがいいのはWX05になります。W06は速度が速いです。しかし、この数値はあくまでも理論値。実際につかってもほとんど速度差は感じることができませんでした。

さらにWX06はWiMAXハイパワー対応機です。WiMAXハイパワーは電波が弱い時に通信品質を向上させる機能です。電波が弱い場所だと、これまでの機種はどうしても速度がでなくなります。WiMAXハイパワー対応のWX05なら最大20%も速度アップさせることができます。

電波が弱い場所でもより速い速度が維持できる、サイズも小さく軽い、2時間半も長く利用ができる、バッテリーも自分で交換可能。それを考えるとWX05を選んがほうが使い勝手はいいです。おすすめはWX06ですね。すでにGMOとくとくBBでは予約が開始していますから早めに申し込むのがおすすめですよ!

GMOとくとくBB WiMAX2+キャンペーン

最新機種を安く契約できるのはGMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX2+

今月も安く契約できるプロバイダはGMOとくとくBBでした。

おすすめのキャンペーンは「au 4G LTE」回線が無料で利用できるギガ放題3年プラン。WiMAXは建物内や、地下、ビルの影などで突然圏外になることも少なくありません。

これまではauのLTE回線を利用した月は1,005円別途料金がかかりましたが、ギガ放題3年プランならそれが無料。WiMAXが圏外になったときにはすぐにLTEに切り替えられるので快適に利用できます。

GMOとくとくBBのWEB限定キャンペーンはこちら↓↓↓

GMOとくとくBB 公式ページへ

GMOとくとくBB再契約の場合やキャッシュバックプランは面倒なら ⇒ GMOとくとくBB 月額割引 公式ページ

関連記事

併せて読みたい【W06とWX05を比較】WiMAX2+どっちを契約?今選ぶならこっちがおすすめ

併せて読みたい【WX05とW05を比較】どっちを契約?選び方の3つのポイント

併せて読みたいWiMAX WX05のキャペーンを徹底比較!WX05を契約するならこのプロバイダ!

So-net wimaxとGMOとくとくBB WiMAXの質問まとめ

プロバイダー選びで迷いがちなSo-net WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXのよくある質問をまとめました

So-netとGMO WiMAXならどちらがお得なの?

So-netが積極的なキャンペーンを行っているときには料金が安くなるのですが、最近のSo-netは魅力的なキャンペーンが少なくGMOとくとくBBの方が安く契約できます。料金差はSo-net GMOとくとくBB 料金比較で確認ください。

So-netとGMOで利用できるエリアが違ったりするの?

SonetもGMOもWiMAXのプロバイダです。通信設備や端末は同じものを利用するのでエリアに差が出ることはありません。

取り扱い端末はどちらも同じ?

プロバイダによって取り扱い端末の種類は変わります。GMOとくとくBBのほうが取り扱っているラインナップが多いです