以前からアナウンスされていたように旧WiMAX回線が2020年3月31日に停波しました。

現在WiMAX2+を利用している人は停波そのものは影響がありません。しかし、旧WiMAXで利用されていた10Ghz帯がWiMAX2+で利用できることになるので、現在のWiMAX2+回線のさらなる高速化が期待できます。

旧WiMAXが完全終了

2009年からサービスが開始されていた旧WiMAX回線が終了しました。

もともと下り最大40Mbpsで使い放題・制限なしがウリのモバイルWifiでした。当時同じようなサービスを展開していたのがイーモバイル(ソフトバンクに買収されて現在はワイモバイル)でこちらも制限なしのポケットWifiを販売していました。

UQコミュニケーションズは2013年からWiMAX2+のサービスをスタートしました。旧WiMAXの環境も残したままでWiMAX2+サービスをスタートさせているので周波数帯を分け合う形でそれぞれのサービスを提供していました。

その後2014年にWiMAX2+を110Mbpsから220Mbpsに高速化するためにWiMAXで使用してい30MHzのうち20MhzをWiMAX2+に切り替えました。

WiMAX2+はこの変更で劇的に通信速度が向上しました。一方で旧WiMAXは20MHzをWiMAX2+に取られてしまったために下り最大40Mbpsあったものが下り最大13.3Mbpsへと大幅に減速。

そして2020年3月31日に旧WiMAXサービスは終了となります。

WiMAX2+へ10MHzが追加されるため回線速度がさらに高速に

WiMAXで利用していた10MHzの周波数をWiMAX2+へ切り替えるためにWiMAX2+の回線がさらに高速化されます。これは今WiMAX2+を利用しているユーザーにとっては嬉しいでですね。

個人的にはさらにWiMAX2+の3日10GB制限を緩和して欲しいのですがこちらはどうですかね。

旧WiMAX回線の終了で使えなくなる端末

まず現在のWiMAX2+サービス利用者でも初期の頃の端末は旧WiMAXとWiMAX2+の回線を併用できる端末がありました。

こちらはノーリミットモードが利用できなくなります。ノーリミットモードでも5〜8Mbps程度の速度はでていて、しかも無制限だったためにギリギリまで使い倒していた方もいるかと思いますが、こちらも完全終了です。

機種としてはHWD14,HWD15,NAD11,WX01,WX02が該当します。

また旧WiMAXの端末やWiMAX搭載のノートパソコン等も旧WiMAX回線が利用できなくなります。

こちらの該当機種はこちらで確認ください。

これから契約を検討している方は2020年1番人気のWX06をオススメします。詳しくはこちらを御覧ください。