「テレワークをしないといけなくなったからポケットWifiを契約しないといけない」

いままでは携帯の契約だけで必要な通信はできていたけれど、テレワークや在宅勤務となると話は別。

最近の働き方改革や、いまだとコロナ関連の騒動でテレワークでのネット会議や在宅勤務をする方も多くなっています。

そこでこのページでは在宅勤務やテレワークに適したポケットWifiの選び方や注意点を解説していきます。

テレワークや在宅勤務におすすめのポケットWifiを解説

テレワークで利用するポケットwifiの重要ポイントは2つ

テレワークでポケットWifiを利用するなら注意したいポイントを解説していきます。

  • 通信量の上限は十分にあるか
  • 回線は安定しているか

テレワークでは使うサービスによって使用するデータ通信量が違います。あまりにもデータ通信量が少ないプランだと「大事な会議」の最中に通信量が上限に達して制限がかかってしまう。そんな状況にならないようにしたいものです。

また回線の安定性も重要です。途中で不具合で回線が繋がらないのは困るでしょう。

通信量は十分にあるか

在宅勤務やテレワークでも利用するアプリによって通信量は変わります。アプリの利用によってはかなりの通信量を消費します。メジャーなアプリの通信量をまとめてみました。ビデオ通話時の概算です。目安として20GBまで何時間で到達するのか概算を計算しました。

サービス 1時間の通信量 20GB到達まで
スカイプ 約2GB 約10時間
Zoom 約200-300MB 約66時間-100時間
Goggleハングアウト 約1.5GB 約13時間
Line 約300MB 約66時間

といってもどのアプリを使うのかはセキュリティ面も考えて会社や部署などで選定されることのほうが多いかもしれません。

最初は通信量が少なくすむZoomを利用していたものの、通信が安定しないためにスカイプに変更することもあるかもしれません。

追記:zoomのWindowsアプリで脆弱性が見つかっているそうです。セキュリティ上の問題も色々と発見されているようです。Windows版Zoomにユーザー名やパスワード漏洩の脆弱性。メッセージに書かれた外部アドレスに注意

Zoomを使う際には十分に気をつけるようにしてください。

予期せぬ事態に対処するには余裕を持った通信量を確保しておくことが重要です。

回線やサービスは安定しているのか

在宅で仕事をしているのに、突然回線が繋がらなくなったらどうしますか?

せっかくポケットWifiを契約したのに、それでは意味がありません。不安定なサービスは避けるようにしましょう。

いま一番問題になっているのがクラウドWifiを謳っているサービスです。正直トラブル続きで使い物になりません。

詳しくはこちらで解説しました⇒どんなときもWifiとWiMAXを比較!なぜ無制限ポケットWifiがオススメできないのか

安定して接続できるサービスを選択することをオススメします。

そこでオススメしたいのがUQモバイルで有名なUQコミュニケーションズが運営しているポケットWifiサービスのWiMAXです。

月間データ通信量無制限のWiMAX2+サービスがおすすめ

ここまで見てきたように在宅サービスで利用できるポケットWifiで重要なのは「通信量が十分にあるか」また「回線が安定しているのか」この2点です。そこでオススメしたいのがWiMAXです。

まず回線の安定性ですが、WiMAXのサービスはすべてUQコミュニケーションズが管理する回線です。ドコモやauやソフトバンクと同じようにUQコミュニケーションズに総務省が割り当てた周波数を使ってサービスを運用しています。

格安SIMや格安Wifiサービスの「ドコモの回線を借りて」とか「ソフトバンクの回線を借りて」サービスを運用しているわけではないので回線は非常に安定しています。昨日は高速で利用できていたのに、今日は全然スピードが出ないなんてことはありません。

さらに安心して利用できるポイントは月間のデータ通信量が無制限だからです。

WiMAXには3日10GB制限があるが仕事時間には支障がない

携帯会社の契約プランは月間の通信量が決まっているプランがほとんどです。20GBや30GBまでは速度に制限がかからないとか。

一方WiMAXは月間のデータ通信量には制限がありません。100GB使おうが200GB使おうが制限にはかかりません。その代わり3日10GB制限があります。

3日10GB制限は直近3日間で10GBの通信量を超えていると通信速度に制限がかかります。WiMAX1Mbps程度まで速度が落ちます。

これだと在宅勤務では使えない?

そうでは無いんです。WiMAXが制限をかけるのは18:00頃から夜中の2:00頃までで、日中の時間帯は制限の対象外です。

ですから例えば朝の9:00から17:00までの勤務時間内でWiFiを使うならどれだけ使っても速度低下は起こりません。これなら在宅勤務の時間中はどんなに通信容量がかかっても大丈夫です。

他のWifiだと通信が不安定だったり、月の制限があるためにこれほど使い勝手がよくありません。

在宅勤務で日中に使うことが多いのであればWiMAXをオススメします。

WiMAXはどこで契約できるの?

WiMAXはインターネットで契約するのがオススメです。いくつかのプロバイダーがWiMAXの販売をしているのでそこで契約するのが安く、すぐに利用できるのでオススメです。

詳細はこちら >> WiMAXのキャンペーンを比較!2020年最新のWiMAXプロバイダー・機種の選び方を徹底解説