gmo wimax キャッシュバック3つの注意点

2022年12月 WiMAXのおすすめプロバイダランキング!選ばれるのには訳がある

WiMAX比較

2022年現在、WiMAXには多数のプロバイダが参入している状況です。「どのプロバイダのキャンペーンを選んだらいいかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。

このサイトでは、WiMAXを7年以上利用している管理人だからこそ分かる、本当におすすめできるWiMAXのプロバイダ を解説していきます。

電気通信事業法の改正

2022年7月にプロバイダの提供する料金プランが変わりました。これは電気通信事業法の改正が2022年7月に施行されたためです。

契約期間が無くなったり、契約期間があっても中途解約違約金が安くなるなど良いところも多いのですが、反面、これまで無料になることが多かった機種代が有料になってしまうなどすべてが良いとは言い切れない法改正でした。

この法改正での変更点を含めてWiMAXのプロバイダの選び方を解説していきます。

WiMAXプロバイダおすすめランキング2022 11社比較

WiMAXのプロバイダ選びで最も重要なのが「料金」です。 WiMAXは現在そのほとんどでauの回線を利用しています。これはWiMAXを運営しているUQ WiMAXで契約しても、GMOとくとくBBで契約しても一緒です。 同じ回線を同じ条件で利用します。

同じ商品を利用するのであれば、安いほうを購入しないと損してしまいますよね。

WiMAXの契約も同じです。安いプランがあればそちらを契約しないと損をしてしまいます。

そこで、まずはWiMAXを契約するとどんな費用がかかるのかをリストアップしました。

  • 初期費用(事務手数料など)
  • 機種代金
  • 月額料金
  • 解約違約金(契約期間中の中途解約)
  • オプション料金

その他にユニバーサルサービス料電話リレーサービス料など月に1円から2円ほどのサービス料が加算されますが、これはWiMAXにかぎらず携帯回線全般にかかる費用なのでWiMAXの料金比較には加えていません。

これをプロバイダごとに一覧にしました。

WiMAXプロバイダ別料金表
会社 初期費用 機種代金 月額料金 契約期間 解約違約金 2年合計金額 実質月額
GMO 3,300円 21,780円 1,474円

4,444円
2年間 0円 93,534円 3,597円
ゼウス 3,300円 21,780円 1,474円

3,784円
3年間 3,784円 98,538円 3,789円
BIGLOBE 3,300円 21,912円 1,166円

4,928円
なし 0円 106,898円 4,111円
ASASHI 3,300円 21,780円 3,278円

4,928円
なし 0円 110,330円 4,243円
DTI 3,300円 21,780円 4,180円

4,730円
2年間 1,100円 112,530円 4,328円
ヨドバシ 3,300円 0円 4,268円

4,950円
なし 0円 114,268円 4,394円
Vision 3,300円 21,780円 4,103円

4,785円
なし 0円 120,037円 4,616円
UQ 3,300円 5,940円 4,268円

4,950円
なし 0円 120,208円 4,623円
カシモ 3,300円 21,780円 3,993円

3,993円
なし 0円 126,313円 4,858円
Broad 3,300円 21,780円 3,883円

3,883円
2年間 3,883円 123,552円 4,752円
Sonet 3,300円 21,780円 4,950円

4,950円
なし 0円 148,830円 5,724円
au 3,300円 22,000円 4,908円

5,458円
なし 0円 152,908円 5,881円

以前までのWiMAXの料金プランなら上記表でも判断できるのですが、契約期間や違約金が変わってしまったために上記表だけだと分かりづらくなっています。

そこで、利用期間別にかかる費用を一覧にしてみました。

WiMAX解約時総支払額
会社 0ヵ月 1ヵ月 2ヵ月 3ヵ月 4ヵ月 5ヵ月 6ヵ月 7ヵ月 8ヵ月 9ヵ月 10ヵ月 11ヵ月 12ヵ月 13ヵ月 14ヵ月 15ヵ月 16ヵ月 17ヵ月 18ヵ月 19ヵ月 20ヵ月 21ヵ月 22ヵ月 23ヵ月 24ヵ月 25ヵ月 26ヵ月 27ヵ月 28ヵ月 29ヵ月 30ヵ月 31ヵ月 32ヵ月 33ヵ月 34ヵ月 35ヵ月 36ヵ月
GMO 26,554 28,028 29,502 33,286 37,070 40,854 44,638 48,422 52,206 55,990 59,774 40,558 44,342 48,126 51,910 55,694 59,478 63,262 67,046 70,830 74,614 78,398 82,182 85,966 89,750 93,534 97,318 101,102 104,886 108,670 112,454 116,238 120,022 123,806 127,590 131,374 135,818
ゼウス 30,338 31,812 33,286 37,070 40,854 44,638 48,422 52,206 55,990 59,774 63,558 67,342 49,346 53,130 56,914 60,698 64,482 68,266 72,050 75,834 79,618 83,402 87,186 90,970 94,754 98,538 102,322 106,106 109,890 113,674 117,458 121,242 125,026 128,810 132,594 136,378 136,378
BIGLOBE 25,212 26,378 29,733 33,088 36,443 39,798 43,153 46,508 49,863 53,218 56,573 59,928 63,283 66,638 69,993 73,348 76,703 80,058 83,413 86,768 90,123 93,478 96,833 100,188 103,543 106,898 111,826 116,754 121,682 126,610 131,538 136,466 141,394 146,322 151,250 156,178 161,106
ASASHI 25,080 28,358 31,636 34,914 38,192 41,470 44,748 48,026 51,304 54,582 57,860 61,138 64,416 67,694 70,972 74,250 77,528 80,806 84,084 87,362 90,640 93,918 97,196 100,474 105,402 110,330 115,258 120,186 125,114 130,042 134,970 139,898 144,826 149,754 154,682 159,610 164,538
DTI 30,360 34,540 38,720 42,900 47,080 51,260 55,440 59,620 63,800 67,980 72,160 76,340 58,740 62,920 67,100 71,280 75,460 79,640 83,820 88,000 92,180 96,360 100,540 104,720 108,900 112,530 117,260 121,990 126,720 131,450 136,180 140,910 145,640 150,370 155,100 159,830 164,560
Broad 30,360 34,243 38,126 42,009 45,892 49,775 53,658 57,541 61,424 65,307 69,190 73,073 76,956 80,839 84,722 88,605 92,488 96,371 100,254 104,137 108,020 111,903 115,786 119,669 123,552 123,552 127,435 131,318 135,201 139,084 142,967 146,850 150,733 154,616 158,499 162,382 166,265
ヨドバシ 7,568 11,836 16,104 20,372 24,640 28,908 33,176 37,444 41,712 45,980 50,248 54,516 58,784 63,052 67,320 71,588 75,856 80,124 84,392 88,660 92,928 97,196 101,464 105,732 110,000 114,268 119,218 124,168 129,118 134,068 139,018 143,968 148,918 153,868 158,818 163,768 168,718
カシモ 26,488 30,481 34,474 38,467 42,460 46,453 50,446 54,439 58,432 62,425 66,418 70,411 74,404 78,397 82,390 86,383 90,376 94,369 98,362 102,355 106,348 110,341 114,334 118,327 122,320 126,313 130,306 134,299 138,292 142,285 146,278 150,271 154,264 158,257 162,250 166,243 170,236
Vision 25,080 29,183 24,986 29,089 33,192 37,295 41,398 45,501 49,604 53,707 57,810 61,913 66,016 70,119 74,222 78,325 82,428 86,531 90,634 94,737 98,840 102,943 107,046 111,149 115,252 120,037 124,822 129,607 134,392 139,177 143,962 148,747 153,532 158,317 163,102 167,887 172,672
UQ 13,508 17,776 22,044 26,312 30,580 34,848 39,116 43,384 47,652 51,920 56,188 60,456 64,724 68,992 73,260 77,528 81,796 86,064 90,332 94,600 98,868 103,136 107,404 111,672 115,940 120,208 125,158 130,108 135,058 140,008 144,958 149,908 154,858 159,808 164,758 169,708 174,658
Sonet 25,080 30,030 34,980 39,930 44,880 49,830 54,780 59,730 64,680 69,630 74,580 79,530 84,480 89,430 94,380 99,330 104,280 109,230 114,180 119,130 124,080 129,030 133,980 138,930 143,880 148,830 153,780 158,730 163,680 168,630 173,580 178,530 183,480 188,430 193,380 198,330 203,280
au 30,208 35,116 40,024 44,932 49,840 54,748 59,656 64,564 69,472 74,380 79,288 84,196 89,104 94,012 98,920 103,828 108,736 113,644 118,552 123,460 128,368 133,276 138,184 143,092 148,000 152,908 158,366 163,824 169,282 174,740 180,198 185,656 191,114 196,572 202,030 207,488 212,946

この表は解約したときにいくら支払ったのかの総合計の料金を記載しています。

例えば表の1番上の「GMOとくとくBB」の場合は0ヶ月目(初月)で解約した場合には「事務手数料+機種代金+初月月額料金+解約違約金」を支払うので26,554円になります。

表を横にスライドして11ヶ月目を見てください。GMOとくとくBBは最短だとこのタイミングでキャッシュバックが振り込まれます。すると「事務手数料+機種代金+11ヶ月の月額料金+解約違約金 - キャッシュバック」になるので、キャッシュバックが反映されるので、前月までの合計金がよりも安くなっているのが分かります。

つまりこの表を使えば、「契約後いつまで使うと、いくら支払うことになるのか」がわかるのでWiMAXの利用予定期間に合わせてプロバイダを選ぶことができるようになります。

WiMAXで料金が安いプロバイダは以下の2社です。

WiMAXで料金が安いプロバイダ
  1. 今月WiMAXを安く契約するなら - 「GMOとくとくBB WiMAX」
  2. 口座振替契約なら - 「BIGBLOBE WiMAX」

これを踏まえてランキングを見ていきましょう。

当サイト厳選のWiMAXプロバイダーランキングを紹介します。

1位 GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX

おすすめポイント
  1. キャッシュバック+月額割引で安く契約できる
  2. 契約期間は2年でも割引は3年続く
  3. 2年以内の中途解約でも違約金は0円!
  4. 最短即日発送で契約後すぐに利用できる
  5. 11ヶ月利用すれば中途解約でも最も安い
  6. キャッシュバック23,000円
  7. 他社からの乗り換えでキャッシュバックが49000円に増額

とにかく安くWiMAXを使いたいならGMOとくとくBBがおすすめです。

キャッシュバックが高額なのも特徴ですが、何よりも月額料金が安いです。

また、現在利用中のホームルーター(置くだけWi-Fi)やWiMAX2+などから最新のWiMAX+5Gへの乗り換えを検討している方にも今月のGMOとくとくBB WiMAXはオススメです。一般的にポケットWi-Fiやホームルーターの契約は端末を分割購入しているために解約すると残債を一括で支払う必要があるため乗り換えにくいです。

しかし、今月のGMOとくとくBBは解約時の違約金や端末の残債などが発生する場合には、キャッシュバックが49000円に大幅増加するキャンペーンを行っています。これなら残債や違約金があっても安心してWiMAX+5Gに乗り換えられます。

\最安なら/
GMOとくとくBB
とにかく安く契約するならここ一択



GMOとくとくBB WiMAX 料金表
GMOとくとくBB WiMAX 料金概要
事務手数料 3,300円
初月料金 1,474円
月額料金 1-2ヵ月:1,474円
3-35ヵ月:3,784円
36月以降:4,444円

契約期間 2年
キャッシュバック 23,000円
デメリット
  1. キャッシュバックの受け取りが面倒。受け取り忘れると結果高額になる
  2. 契約時の強制オプションを解約忘れると毎月請求される

おすすめの機種(端末)はどれ?

wimaxの機種を今選ぶならこの2機種

外に持ち出す予定が無いなら、「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」をオススメします。

屋外に持ち出して外でも家でも利用したい方は「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01」をオススメします。x11よりも操作感・バッテリー持ちが抜群にいいです。

まとめ GMOとくとくBB WiMAXはこんな人におすすめ

GMOとくとくBB WiMAXはこんな人におすすめです。

  • 安くWiMAXを契約したい人
  • 月の支払いを少なくしたい人
  • 1年以上は利用する人
  • インターネット回線の乗り換えでWiMAXを契約したい人
  • なるべく早くWiMAXの利用を開始したい人

WiMAXはあくまでも通信手段です。安く契約したいならGMOとくとくBBでしょう。

\最安なら/
GMOとくとくBB
とにかく安く契約するならここ一択



2位 BIGLOBE WiMAX

BiGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXは月額料金がGMOとくとくBBについで安いこと、にも関わらずキャッシュバックの受け取りが簡単です。

さらにBIGLOBE WiMAXを運営しているビッグローブ株式会社はKDDI(auを運営している会社)のグループ会社ですから信頼感も高いです。

おすすめポイント
  1. キャッシュバックがクーポン利用で増額中
  2. キャッシュバックが翌月に満額受け取れる
  3. 契約初月の月額料金が0円
  4. 契約縛り期間なし
  5. 口座振替でも契約可能

キャッシュバックが翌月に現金で受け取れるのが魅力です。ただ今月のキャッシュバック金額だと機種代金を相殺することもできない程度の金額なので、もう少し、キャッシュバックの増額を期待したいところ。

BIGLOBE WiMAX 料金表
BIGLOBE WiMAX 料金概要
事務手数料 3,300円
初月料金 0円
月額料金 1-1ヵ月:1,166円
2-25ヵ月:3,355円
26月以降:4,928円

契約期間 なし
キャッシュバック 0円
\キャッシュバック11000に増額中/
BIGLOBE WiMAX 公式サイトへ



BiGLOBE WiMAX デメリット
  1. 退会が電話か書類郵送のみ
  2. 機種代金が無料ではない

BiGLOBE WiMAXの解約は電話か書類郵送でしか受け付けていません。ネットで入会できるのに退会は電話のみというのは手間やお金がかかるのでやはりデメリットになります。

またBiGLOBE WiMAXは機種代金が無料ではありません。3年契約などのプロバイダだと「機種代金無料」や「機種代金実質無料」のプロバイダもありますが、BiGLOBE WiMAXは機種代金がかかります。といってもキャッシュバック分を機種代金に充当すると「機種代金は実質2412円」。縛り期間が1年ですから十分にお得ですね。

まとめ BiGLOBE WiMAXはこんな人におすすめ

ということでBiGLOBE WiMAXはこんな方におすすめしたいです。

  • 3年契約は長すぎて不安な人
  • 解約時に料金負担が少ないのがいい人
  • キャッシュバックがすぐに貰えるのがいい人
  • キャッシュバック手続きが簡単なのがいい人
  • 口座振替でWiMAXを契約したい人

おすすめの機種(端末)はどれ?

wimaxの機種を今選ぶならこの2機種

外に持ち出す予定が無いなら、「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」をオススメします。

屋外に持ち出して外でも家でも利用したい方は「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01」をオススメします。x11よりも操作感・バッテリー持ちが抜群にいいです。

BiGLOBE WiMAXの申し込みはこちら

wimaxを1年契約で安いプロバイダならBIGLOBE WiMAX

今月はクーポンを利用することで、キャッシュバックを5000円増額させることができます。

クーポンは申し込みページの2ページ目の以下の画面になります。

クーポン入力画面

ここに以下のクーポンコードを入力します。

BIGLOBE WIMAX
クーポン
\キャッシュバック/
11,000円
有効期限:2022年10月31日 23:50
コード
HOR
※申し込みページでクーポン入力してください
\キャッシュバック11000に増額中/
BIGLOBE WiMAX 公式サイトへ



詳細 - BIGLOBE WiMAX >>

3位 UQ WiMAX

UQ WiMAX

おすすめポイント
  1. 契約期間がなし
  2. WiMAXを運営している会社なので信頼度NO1
  3. UQモバイル契約後自宅セット割加入で最大0円キャッシュバック
  4. 2年以内の解約でも違約金は1,100円のみ
  5. 口座振替でも契約可能

UQ WiMAXは4月から料金プランを変更し、契約期間のないプランで統一されました。

ですからUQ WiMAXでの契約は解約違約金が存在しません。今後はいつ解約しても違約金は発生しません。

正直料金はGMOとくとくBBが間違いなく安くなります。

またキャッシュバックも特定の機種限定で、さらにUQやauの携帯を契約して携帯割引を適用しないと受け取れないキャッシュバックのみとなってしまいました。

特に初めてWiMAXを契約する方にはUQ WiMAXがおすすめです。

\公式がお得ならそれが1番/
UQ WiMAX 公式サイトへ



UQ WiMAX 料金表
UQ WiMAX 料金概要
事務手数料 3,300円
初月料金 4,268円
月額料金 1-25ヵ月:4,268円
26ヵ月以降:4,950円


契約期間 なし
キャッシュバック 0円
デメリット
  1. 最安ではない

GMOとくとくBBと比較すると料金がやや高くなりますが、それ以上に契約期間の短さ。中途解約違約金の安さが魅力です。

\公式がお得ならそれが1番/
UQ WiMAX 公式サイトへ



4位 ヨドバシカメラ WiMAX

ヨドバシカメラ WiMAX

ヨドバシカメラWiMAXが条件付きで2位となっています。決して月額料金などが安いわけではないのですが、以下のメリットから第2位となっています。

おすすめポイント
  1. Galaxy 5G Mobile Wi-Fiが無料
  2. 契約の最低利用期間(縛り)はなし
  3. 10ヵ月以内の利用なら最安

法改正の影響もあって各プロバイダが機種代金を有料にしているにも関わらず、なぜか2022年7月に入ってからも「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」の機種代金が無料となっています。

そのため、10ヵ月間しか利用しないのであれば、最安となっています。

デメリット
  1. キャッシュバックがヨドバシカメラの商品券
  2. 無料で契約できる機種が限られている
  3. 運営しているのはヨドバシカメラではなくワイヤレスゲート株式会社

一番のデメットはキャッシュバックが現金ではなく、ヨドバシカメラの商品券になってしまうこと。現金ならそれをWiMAXの月額料金などに充てることができますが、商品券なので必ず何かを買わないといけないこと。欲しい物がすでにあるならいいですが、そうでない場合には余計な出費になります。

契約できる機種はGalaxy 5G Mobile Wi-FiとSpeed Wi-Fi Home5G L11の2機種だけ。これ以外は契約できません。

運営しているのはヨドバシカメラではなく、ヨドバシと資本提携しているワイヤレスゲート株式会社。ですから解約などの手続きはワイヤレスゲートに連絡しないといけません。

このようにデメリットが多くあるのも事実。ただし、10ヵ月限定利用なら安く契約できるので短期利用目的ならヨドバシカメラWiMAXがおすすめです。


第5位 ZEUS WiMAX

ZEUS Wi-FiというポケットWi-Fiサービスを提供している株式会社Human Investmentが開始したのがZEUS WiMAXです。

しかし、料金プランやキャッシュバックなどの流れがGMOとくとくBBの劣化版でしかなくて・・・。

料金もややGMOとくとくBBより高く、キャッシュバックの手間などは同じような手法を用いています。

それならGMOとくとくBBを契約するのがお得です

ゼウス WiMAX 料金表
ゼウス WiMAX 料金概要
事務手数料 3,300円
初月料金 1,474円
月額料金 1-2ヵ月:1,474円
3-36ヵ月:3,784円
37月以降:4,708円

契約期間 なし
キャッシュバック 21,780円

第6位 DTI WiMAX

DTI WiMAXも高額キャッシュバック系のプロバイダです。

手順がやや面倒なのもGMOとくとくBBと同じ。

それならGMOとくとくBBよりも料金が安くないと意味がないのですが、こちらもZEUS WiMAXと同じくGMOとくとくBBよりも高い料金に。

今月もDTIはおすすめできません。

DTI WiMAX 料金表
DTI WiMAX 料金概要
事務手数料 3,300円
初月料金 4,180円
月額料金 1-24ヵ月:4,180円
25ヵ月以降:4,730円
契約期間 2年
キャッシュバック 21,780円

7位 Vision WiMAX

Vision WiMAXはもともとレンタルWifiをサービスを運用していて、WiMAXの運用に乗り出した会社です。キャッシュバックキャンペーンを展開していますが、それほどインパクトあるプランではありません。

Vision WiMAXは機種を一括払いもしくは2回払いで購入しないといけません。ですから初期費用が高額になります。その分、月額料金に大幅な割引などがあるといいのですが、それもなし。今月もVision WiMAXを選ぶ理由がありません。

Vision WiMAX 料金表
Vision WiMAX 料金概要
事務手数料 3,300円
初月料金 0円
月額料金 1-24ヵ月:4,103円
25ヵ月以降:4,785円
契約期間 なし
キャッシュバック 8,300円

8位 Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad WiMAXはWiMAX2+の頃はキャンペーンにも力を入れてたのですが、WiMAX+5Gになってからキャンペーンが弱くなりました。

Broad WiMAXは契約時の事務手数料以外に初期費用を設定している会社です。またGMOとくとくBBと同じ用に契約時に強制オプションがあります。

手間がかかる分だけ料金が安ければいいのですが、今月もキャンペーンに大きな変化はありませんでした。

Broad WiMAX 料金表
Broad WiMAX 料金概要
事務手数料 3,300円
初月料金 1,397円
月額料金 1-25ヵ月:3,883円
26ヵ月以降:3,883円
契約期間 2年
キャッシュバック 0円

第9位 カシモWiMAX

カシモWiMAXも特に安い料金プランではありません。

これといった特徴のあるキャンペーンではないので今月も見送りでいいでしょう。

カシモWiMAX 料金表
カシモWiMAX 料金概要
事務手数料 3,300円
初月料金 1,408円
月額料金 3,993円
契約期間 なし
キャッシュバック 0円

10位 ASAHIネット WiMAX

料金が高いのでかなりランクとしては下になりましたが、WiMAXのプロバイダで唯一固定IPで契約することができます。

グローバルIPは各社オプションで提供していますが、固定IPが必要な方はASASHIネットしかないので、ASAHIネットで契約するようにしましょう。

\固定IPが必要なら/
ASAHIネット 公式サイトへ

11位 So-net WiMAX

So-net WiMAXは自社でNURO光りなどの自社サービスがありますから、ここ2-3年ほどはWiMAXに力を入れておりません。

将来はもしかすると再度WiMAXに力を入れる日がくるのかもしれませんが、少なくともそれは今ではありません。

So-net WiMAX 詳細 >>

12位au WiMAX

最後はauで契約するWiMAXです。

家電量販店と同じ用にauで契約するWiMAXになります。

auで契約できるので他のスマホなどと一緒に契約しることができます。しかし、料金が高い。

特にメリットはありません。

正直auで契約するならUQ WiMAXで契約すればいいですし。

WiMAXは工事不要で手軽にWiFi環境をつくることができるので、すでに累計契約者数2000万人を超える人気のサービスとなっています。

WiMAX+5Gをお得に契約する手順と機種・プロバイダ選びの3つのポイント

WiMAXを選ぶ手順です。どの項目もそれほど複雑なものはありません。ただネットには古い情報が多いのも事実です。正しい情報でお得なプランを選びましょう。

それではさっそく手順を確認していきましょう。

  1. 契約プランを選ぶ
  2. 機種を選ぶ
  3. プロバイダを選ぶ

この3つのポイントを解説してきます。

契約プランを選ぶ

最初の選ぶのは契約プランです。2つの契約プランから選択をします。

契約プラン
  1. ギガ放題プラス モバイルルータープラン
  2. ギガ放題プラス ホームルータープラン

現在の契約プランはこの2つです。

2つのプランの違いは契約する機種の種類です。

WiMAXの機種では持ち運び可能なモバイルルーターと家に据え置きで利用するホームルーターの2種類の機種があります。まずはこの2つのうち、どちらの機種にするのかを選択します。どちらのプランを選んでも料金は同じです。利用用途から選ぶようにしましょう。

モバイルルータープラン

モバイルルータープランは契約する機種が持ち運び可能な「モバイルWi-Fiルーター」となります。

サイズがコンパクトでバッテリーを搭載しているので、家でつかうときも置き場所にも困りません。

家でも外でも使いたいユーザーはこちらを選びます。

ホームルータープラン

ホームルーターは家でしか利用しないユーザーようのプランです。機種は据え置きたいタイプのホームルーターを選びます。コンセントで給電し、バッテリーを搭載していない機種なので持ち運びで利用することはできません。

家でしか利用しないユーザーはこちらを選びます。

家でしか利用しないならホームルータープラン。家でも外でも使う、もしくは今現在はどう使うか決まっていないなどのケースはモバイルルータープランを選びましょう。

WiMAXの機種を選ぶ

さきほど選んだのはあくまでも契約プランです。モバイルタイプかホームタイプが決まったら次に具体的に機種を選ぶ段階になります。

ここでは利用者の多いモバイルタイプの機種の選び方を解説します。ホームルータータイプはもう少し別の要因もあるので別記事で解説していきます。

現在販売されている機種は2機種です。

WiMAXの機種
  1. Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
  2. Speed Wi-Fi 5G X11
機種 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01 Speed Wifi 5G X11
画像 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01 画像 Speed Wifi 5G X11 画像
製造 SAMSUNG NECプラットフォームズ
回線 wimax2+, au4GLTE, au5G(sub6/<sub6・ミリ波>以外の周波数) wimax2+, au4GLTE, au5G
下り速度 最大2.2Gbps 最大2.7Gbps
上り速度 最大183Mbps 最大183Mbps
重量 203g 174g
サイズ 約W147×H76×D10.9mm 約W136×H68×D14.8mm
バッテリー容量 5000mAh 4000mAh
同時接続 10台 16台

どちらも十分なスペックを持った機種ですが

  • 長時間持ち出して利用する、操作性を重視するならGalaxy 5G Moblie Wi-Fi SCR01
  • 通信速度(Wifi速度)、軽さ、液晶画面の割れにくさを重視するならSpeed Wi-Fi X11

を選ぶのがいいでしょう。

この2機種の違いである、バッテリー・操作性・Wi-Fi速度、本体の重量差などを詳しく説明します。

バッテリー容量の違い

バッテリーと利用時間の差を表にしました。

機種 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01 Speed Wifi 5G X11
バッテリー容量 5000mAh 4000mAh
連続通信時間 1000分 490分

この2機種はバッテリーの容量が違います。バッテリーは容量が大きいほど長時間利用することができます。そのためバッテリー容量が大きいGalaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01のほうが外出時に外へ持ち出しても長く利用し続けることができます。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01は1000分の連続通信が可能です。時間にするとおよそ16時間36分ほどです。いっぽうのSpeed WiFi 5G X11は8時間ほどです。およそ倍以上の差があります。

操作性の違い

操作感も大きく違います。Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01は完全にスマホです。(というよりも実際にAndroidOSが搭載されているので本当にスマホです。)

一方のSpeed WiFi 5G X11の方は昔ながらのモバイルルーターです。

スマホやiPhoneのようにタッチパネルで操作するか、物理ボタンで操作するかの違いです。操作感は圧倒的にGalaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01のほうがいいです。

しかし、一度設定を済ませてしまうと電源のオンオフ以外にはほとんど設定を変更することがありません。また両機種ともにモバイルアプリがリリースされているので基本的な設定はアプリからでも操作可能となっています。

またスマホタイプは操作感はいいですが、液晶が大きい分だけ破損のリスクが高まります。

一長一短だということは覚えておきましょう。

通信速度の違い

機種 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01 Speed Wifi 5G X11
通信速度 下り最大2.2Gbps
上り最大183Mbps
下り最大2.7Gbps
上り最大183Mbps
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax

最大通信速度はSpeed WiFi 5G X11です。下り最大2.7GbpsでWi-Fi規格もGalaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01の11acに対してSpeed WiFi 5G X11は最新の11axを採用しています。

11acと11axの速度差

このように通信速度やWi-Fi速度を重要視するならSpeed WiFi 5G X11がおすすめです。

本体の重量差

モバイルルーターは持ち運びをすることも多いでしょう。そこで気になるのが重量差です。

機種 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01 Speed Wifi 5G X11
重量 203g 174g
サイズ 約W147×H76×D10.9mm 約W136×H68×D14.8mm

わずかにサイズが小さく重量が軽いのはSpeed WiFi 5G X11です。少しでも軽い機種がいいならSpeed WiFi 5G X11がいいでしょう。

scr01とx11の機種比較まとめ

wimax5G対応の機種比較はこのようになりました。あらためてまとめます。

次にWiMAX+5Gの料金プランを比較していきます。

WiMAX+5Gプロバイダ料金比較

WiMAXは契約プロバイダによって大きく料金が変わることは有名な話でしょう。安い料金プランのプロバイダと高いプロバイダでは最終的に3万円から4万円ほどの差になることもあります。

WiMAX+5Gではどのプロバイダでも同じ電波を利用して通信しています。プロバイダはあくまでも窓口の役割ですから契約プロバイダによって速度やエリアなどの条件が変わることはありませんから、安心して安いプランを選びましょう。

では早速プロバイダ別の料金比較をしていきましょう。

WiMAX料金比較2022年12月

WiMAXプロバイダ別料金表
会社 月額料金 契約期間 2年合計金額 実質月額
GMOとくとくBB WiMAX 1,474円

4,444
2年間 93,534円 3,741円
ゼウス WiMAX 1,474円

3,784
3年間 94,754円 3,790円
BIGLOBE WiMAX 1,166円

4,928
なし 106,898円 4,275円
ASAHIネット WiMAX 3,278円

4,928
なし 110,330円 4,413円
DTI WiMAX 4,180円

4,730
2年間 112,530円 4,501円
ヨドバシカメラWiMAX 4,268円

4,950
なし 114,268円 4,570円
Vision WiMAX 4,103円

4,785
なし 120,037円 4,801円
UQ WiMAX 4,268円

4,950
なし 120,208円 4,808円
Broad WiMAX 3,883円

3,883
2年間 123,552円 4,942円
カシモWiMAX 3,993円

3,993
なし 126,313円 5,052円
So-net WiMAX 4,950円

4,950
なし 148,830円 5,953円
au 4,908円

5,458
なし 152,908円 6,116円

GMOとくとくBBが唯一の「実質月額3000円台」の料金でダントツ1番です。ただGMOとくとくBBは現在「Speed WiFi 5G X11」とホームルーターのL12の取り扱いしかありません。

もしGalaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01を契約したいのであれば、2番めに安い料金となっているカシモWiMAXで契約するのがいいでしょう。といっても実は2番めからUQ WiMAXまでの金額差はほとんどありません。料金差がこの程度なら公式のUQ WiMAXで契約してもいいかもしれません。

それを踏まえて今月契約するならこの2社から選べば間違いなし

WiMAX契約手順とプロバイダのまとめ

料金プランの選び方

  • 家でしか使わない -> ホームルータープラン
  • 外で使う。使うかもしれない。まだわからない -> モバイルルータープラン

機種の選び方

  • 長時間持ち出して利用する、操作性を重視するならGalaxy 5G Moblie Wi-Fi SCR01
  • 料金プランの安さ!通信速度(Wifi速度)、軽さ、液晶画面の割れにくさを重視するならSpeed Wi-Fi X11

プロバイダの選び方

安いプロバイダを選ぶ

  • 基本はGMOとくとくBB
  • SCR01契約ならカシモWiMAX
  • プロバイダと契約したくないならUQ公式

ということで今月WiMAX5Gを契約するなら 料金プランは「モバイルルータープラン」機種は「Speed WiFi 5G X11」でプロバイダは「GMOとくとくBB」での契約を お勧めします。

\実質月額最安で契約できます/
GMOとくとくBB 公式サイトへ

WiMAXの速度制限の種類と制限内容の解説

WiMAXには3日制限とプラスエリアモード(ハイスピードプラスエリアモード)利用時の月間制限があります。これらの制限については契約プランによって制限の内容が変わるので注意が必要です。

まずはそれぞれの制限についての解説をしていきます。その後で料金プラン別にどの制限がかかるのかを解説します。

WiMAXの3日制限とは

WiMAXの3日制限は、前日までの3日間の通信量の合計が既定値を超えていたときに、当日の18:00頃から翌日の2:00頃(夜中の2時)まで通信速度をおよそ1Mbpsほどに制限するシステムです。

以下は3日15GB制限時のイメージ図になります。

3日15GB制限

当日の通信量は含まず前日までの3日間の通信量の合計で、当日の制限の有無が決定します

もし3日10GB制限なら前日までの3日間の通信量が10GB超えていると当日制限がかかります。3日15GBなら前日までの3日間で15GBを超える通信をした場合には当日制限がかかります。

前日までの3日間の通信量が制限を下回らない限り、夕方18:00から夜中の2時までの制限が毎日続くことになります。

通信制限がかかる時間は

当日の18:00から夜中の2時まで、およそ6時間ほど通信速度が制限されます。

速度制限時の通信速度は何Mbpsになるのか

速度制限時の通信速度は概ね1Mbpsほどになります。通信速度計測サイトで通信速度を測ると見事に1Mbpsを切る速度で安定します。

1Mbpsほどの速度だと、Youtubeの標準画質(360p)は止まることなく視聴できる速度です。

3日制限を解除する方法

3日制限を解除するには「前日の3日間の通信量を制限値以内におさえる」ことです。これ以外の方法はありません。

現在はWiMAX 3日で15GBの制限は撤廃されており、通信量に応じて制限をかける可能性があるとした内容になっていますが、実質的に無制限になっています。

緩和されたのはWiMAX+5Gだけです。WiMAX2+ギガ放題のWiMAXの3日10GBは以前と変わらず制限がかかります。

WiMAXのプラスエリアモードの制限

WiMAXには通信モードが2つあります。WiMAX+5Gの現行プランを例に説明します。

通信モードは「スタンダードモード」「プラスエリアモード」の2つになります。

スタンダードモード

スタンダードモードではこれまでのWiMAX2+のエリアとauの一部の5G/4GLTEエリアで通信ができるようになっています。スタンダードモードで利用できる周波数帯は以下の5つです。

  • バンド41 - 2.5GHz
  • バンド1 - 2Ghz
  • バンド3 - 1.7GHz
  • バンドN78(5G用) - 3.7GHz

プラスエリアモード

プラスエリアモードは有料のモードです。利用した月は毎月の通信料金+オプション利用料金の1100円かかります。

プラスエリアモードを利用するとスタンダードモードよりもエリアが広くなります。というのもauのプラチナバンドが利用できるようになるからです。

  • バンド18 - 800Mhz
  • バンド41 - 2.5GHz
  • バンド1 - 2Ghz
  • バンド3 - 1.7GHz
  • バンドN78(5G用) - 3.7GHz

プラチナバンドと呼ばれる低周波数帯域を利用できるのでスタンダードモードで電波が届かない場合などに利用することでより広いエリアでWiMAXが利用できます。

プラスエリアモード利用時の月間制限

プラスエリアモードでは月に15GBまでしか利用できません。これを超えると通信速度が最大128kbps以下に落とされます。

WiMAX2+ギガ放題の場合にはハイスピードプラスエリアモードがあります。こちらの場合には月7GBが上限となっています。WiMAX+5Gと比べて半分以下しか利用できません。このモードを利用するときは通信量をしっかりと確認して制限値を超えないように気をつけてください。