gmo wimax キャッシュバック3つの注意点

ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)は2021年にまだ契約する魅力はあるのか?

ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)の契約はおすすめ?

ドコモ、au、ソフトバンクの3回線を利用できるクラウドsim系Wifiサービスは2020年に流行りました。2021年の今現在はも契約する魅力はあるのでしょうか。ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)でWifi契約をするメリット・デメリットを調査しました。

気を付けたい点は、ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)は以前は「無制限」で利用できるプランでした。これが人気の理由でしたが、クラウドsim系のWifiサービスはすべての会社で無制限を実現できず(通信ができないくらい低速でしか利用できなかった)、結果全社がプランを見直しすることとなりました。ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)もプランを見直した会社の1社です。ですから今は「無制限」プランはありません。

ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)の料金プラン

では現在の料金プランを見ていきましょう。

現在の料金プランは3種類あります。月20GBまでのプラン、月40GBまでのプラン。そして月100GBまでのプランです。

無制限プランから比較するとだいぶ見劣りしますが仕方がないでしょう。

それでもクラウドWifi系では料金プランのバリュエーションが多いのが特徴でしょう。

回線 docomo,au,softbank
機種 H01
速度 下り150Mbps/上り50Mbps
通信量 20GB/40GB/100GB
事務手数料 3300円
月額料金 980円〜
契約期間 2年
解約違約金 10450円

利用できる回線は、docomo,au,softbankの回線となっています。ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)はクラウドSIMを利用しています。

クラウドSIMの特徴
  1. 大手キャリアの通信網が利用できるのでエリアが広い
  2. 3日制限などがない(代わりに月間制限がある)
  3. 手続きなしで海外利用ができる

このようなメリットがあります。

プラン別月額料金

通信量 月額 期間 違約金
20GB 2178 2年 10450
20GB 2618 なし 0
40GB 2948 2年 10450
40GB 3278 なし 0
100GB 3828 2年 10450
100GB 4708 なし 0

2年契約プランの場合には、中途解約時には違約金が発生します。その代わり月額料金はかなり安いせっていになっています。また現在行われているキャンペーンを活用するとこの月額がさらに安くなります。

ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)のキャンペーン

現在はキャンペーンが行われており、今契約すると月額料金が最大6ヶ月割引になるキャンペーン」対象となります。

ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)の割引キャンペーン

割引期間と、割り引き額は以下のようになります。

プラン 割引後月額 割引月数
20GB 980円/月 6ヶ月
40GB 1680円/月 6ヶ月
100GB 3278円/月 6ヶ月

20GBプランなどは6ヶ月間980円と非常に安い金額で利用することができます。

初期費用は事務手数料の3300円。端末はレンタルになります。

ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)のレンタル機種

ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)で利用できる機種はH01です。H01の端末スペックは以下のようになります。

機種名 H01
サイズ 約W126×H64×D13mm
重量 130
連続通信時間 最大10時間
ICカード NanoIC
利用回線 docomo,au,softbank
通信速度 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
Wifi IEEE802.11a/b/g/n
同時接続台数 10台
充電 Type-C

機種としての性能はそれほど高いものではありません。とくにこの手のクラウドSim系は速度が端末の上限速度が遅いです。

他のクラウドsim系の会社が使っていない機種ですが、端末スペックは同じようなものです。

とくに目立った特徴もありません。

ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)は端末がレンタルになります。解約時に返却の必要があります。もし紛失や故障があったばあいには端末損害金19800円がかかりますので注意してください。

ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)のメリット

ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)のメリット
  1. 料金が安い
  2. 海外でも利用可能
  3. エリアが広い
  4. おかわりギガでデータの追加が可能
  5. 最短翌日発送

料金が安い

縛りのあるプランはいまならキャンペーンで最大6ヶ月間割引がきくため安くなります。

割引額を含んだ実質月額料金を算出すると以下のようになります。

20GB 1878円
40GB 2631円
100GB 3759円

トップページでwimaxの料金比較を比較していますが、WiMAXにも負けないくらいの料金となっています。

料金は十分に安いと言っていいでしょう。

海外でも利用可能

zeuswifiは海外利用できる

クラウドSIMを利用しているので海外でも利用できます。海外旅行のために旅行用のSIMカードを購入したり、現地でWi-Fiルーターをレンタルする必要がなくなります。

海外で利用する場合には事前に海外利用分のデータプランを購入するなどの手続きが必要になるのでそれだけ忘れないようにしましょう。

エリアが広い

zeuswifiはクラウドSIMなのでエリアが広い

クラウドSIMで機種にSIMを挿すのではなく、クラウドサーバーで管理しているSIMから最適なSIMカードを選んで接続されます。

docomo、au、softbankのエリアで利用ができるためエリアは広いです。

データ使い切っても追加可能

ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)はWiMAXのような3日15GB制限はありません。その代わりに月間の制限があります。月間の通信量が超過すると月末まで通信速度が最大128kbpsまで制限されます。

ちなみに128kbpsはSNSさえまともにできません。

そんなときに使えるのが、「おかわりギガ」月間データ容量を使い切ってしまっても、追加で購入することができます。

+2GB 550円
+5GB 1100円
+10GB 1980円

いざとなったら買い足しして通常速度で利用できます。

最短翌日発送

使いたい時にすぐに始められるのがポケットWifiのいいところです。

でも発送が遅いと手元に届くまで使えません。それはそれで困ります。ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)は最短翌日には発送されます。ですから早ければ契約から2〜3日で利用できます。

できるだけ早く利用したい人には嬉しいです。

ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)のデメリットや注意点

デメリット
  1. 速度が安定しない
  2. 機器の破損時に高額な補償金がかかる

速度が安定しない

これもクラウドSIMの宿命といえるかもしれませんが、速度が安定しません。結局仕組みは格安スマホと同じようなものですから利用者が増えて回線が混雑すれば回線速度が遅くなります。

結局自社回線のプランに比べると速度は安定せずに遅くなります。

速度が遅くてもなんとなかる方ならいいですが、そうでないならお勧めできません。

機器破損時に高額な損害金がかかる

レンタル製品なので端末を破損したり、水漏れ水没などで使えなくなってしまうと端末の損害金として19,800円が発生します。

またレンタルなので返却すると手元には何も残りません。

ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)まとめ

通信速度以外にはそれほど大きなデメリットはないものの、通信速度が極端に遅くなったり、あまり安定しないのを避けたいのであればクラウドSIM系はお勧めできません。

そもそもクラウドSIMが流行ったのは「無制限」で利用できてエリアが広かったから。Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01レビューにも書いていますが、WiMAXは月間制限なし(3日15GB制限はある)でauのほとんどの周波数帯を利用して通信ができます。

速度も安定しているし、エリアも広いです。いまから契約するならWiMAXをおすすめします。

関連記事

よくある質問

ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)は無制限で使えるの?
無制限プランはすでに終了しています。いまは20GB、40GB、100GBのなかからプランを選びます。
デビットカードは使える?
クレジットカードのみです
ゼウスWiFi(ZEUS WiFi)は繋がらない?
エラコード12などが出ていたのは無制限プランの時です。繋がりにくいときは再起動してみましょう