gmo wimax キャッシュバック3つの注意点

Speed Wi-Fi HOME 5G L12をレビュー!最新のホームルーターの実力は?

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

2021年11月5日に発売開始されました。X11と同じくNECプラットフォームズが製造しています。X11はモバイルタイプのルーターだったのに対して、L12は据え置きタイプのホームルーターとなっています。

そこでこのページでは最新WiMAX 5G対応ホームルーターのL12の機種スペックを確認していきます。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12のスペック

まずはL12の機種性能を確認しましょう。

項目 スペック
画像 Speed Wi-Fi HOME 5G L12画像
機種名 Speed Wi-Fi HOME 5G L12
製造 NECプラットフォームズ
回線 wimax2+, au4GLTE, au5G
サイズ 約w101×H179×D99mm
重量 446g
下り速度 最大2.7Gbps
上り速度 最大183Mbps
ICカード NanoIC
利用回線 au 5G(sub6)
au 4GLTE
WiMAX2+
通信速度 下り最大2.7Gbps
上り最大183Mbps
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
同時接続 40台

ホームルーターはモバイルルーターと違って据え置きで利用します。モバイルタイプは持ち運びが前提となっているのでバッテリーが内蔵されています。ホームルーターはコンセントから電源をとるのでバッテリーは内蔵されていません。

またホームルーターのほうが電波強度がわずかながら強いです。ですから持ち運びは考えずに家で利用するならホームルータータイプを契約した方がコスパは高いです。

有線接続も可能

モバイルタイプのルーターだとLANケーブルを直接挿し込む事ができません。そのため、別売りのクレードルを購入したり、Lanケーブルとルーターを接続するための有線LANアダプターが必要になったりします。

据え置き型のホームルーターはルーターにLANケーブル接続端子がついています。FPSゲームなどをやるなら有線接続が必須になりますがホームルーターは問題なく対応できます。

同時接続40台対応

Wifiの同時接続台数が5Ghz帯20台、2.4Ghz帯20台の合計40台接続できます。スマホ・タブレット・パソコン・家電製品まで40台も接続できればすべてカバーできるのではないでしょうか。

L12の良かったポイント

L12を契約するメリットは以下の通りです。

メリット
  1. 40台同時接続可能
  2. Wi-fi6対応でwifiの速度・安定性UP
  3. 有線接続できる
  4. 日本メーカーが製造している
  5. au5G対応で下り最大2.7Gbps

この5つがメリットです。悪かった点もみていきましょう。

デメリット
  1. 3日15GB制限がある

ホームルーターで問題なるのが、自宅でをするために家族での共用を想定される方が多いこと。この時にネックになるのが3日制限です。

もし契約者が一人で利用するのであれば使用量をある程度コントロールしながら利用できるのでそれほど問題にはならないのですが、家族みんなで利用するとなると誰かが動画を見続けたらあっという間に3日15GBの制限はオーバーしてしまうでしょう。

3日15GB制限に関しては別記事でまとめました WiMAXの3日15GB制限でどれくらい使える?足りなくないの?解除の方法は?

自宅で一人利用ならオススメ

Wifiは自宅でしか利用しない。また、自宅でも1人でしか使わない。これなら問題なく利用できるはずです。制限にかからないようにコントロールしながら使うことも可能でしょう。

またモバイルルーターだとLANを利用した有線接続が面倒だったりするので自宅でゲームをしたいかたもホームルーター系のほうが便利だと思います。

自宅利用が中心のかたには電波感度がよく、速度がでやすいホームルーターをおすすめします。

おすすめのプロバイダはこちらの記事にまとめました参考にホームルーター契約の参考にどうぞ!WiMAX 5Gキャンペーンプランを徹底比較!おすすめのプロバイダはここでした!

L12のよくある質問

有線接続はできますか?
1000base-t対応の有線LANポートが2つついているのでLAN接続可能です
通信速度はどれくらい?
下り最大2.7Gbpsです。
au5Gやau4Glteも接続できるの?
WiMAXの契約もすでにau回線メインになっています。ほとんどのau回線の周波数帯は利用できます。

関連記事