gmo wimax キャッシュバック3つの注意点

Speed Wi-Fi HOME 5G L11をレビュー!5G対応のホームルーターが販売開始

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

ホームルータータイプのWiMAX5G対応機種はZTE製のSpeed Wi-Fi HOME 5G L11でした。ただこのタイミングでZTEから製品をだす理由がよく分かりません。なにせZTEはファーウェイと同じくアメリカの国防上の理由でリスクとみなされいるため機器の調達が禁止されています。

この問題についてはWiMAXとファーウェイの問題でまとめています。

問題が発生してからファーウェイ製のルーターは販売されていません。にもかかわらずZTE製を発売してしまうのはいかがなものかと。それならファーウェイで良かったのでは?と感じます。

まずはこのL11のスペックを確認します。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11のスペック

まずはL11の機種性能を確認しましょう。

項目 スペック
画像 Speed Wi-Fi HOME 5G L11画像
機種名 Speed Wi-Fi HOME 5G L11
製造 ZTE
回線 wimax2+, au4GLTE, au5G
サイズ 約W70×H182×D124mm
重量 599g
下り速度 最大2.7Gbps
上り速度 最大183Mbps
ICカード NanoIC
利用回線 au 5G(sub6)
au 4GLTE
WiMAX2+
通信速度 下り最大2.7Gbps
上り最大183Mbps
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
同時接続 32台

これまでのホームルータータイプの機種の中ではダントツの回線速度となっています。とくにダウンロードは最大2.7Gbpsと光回線よりも理論値では上。

もちろんこれはau5Gエリアでの理論値ですから地域は限定されてしまうもののWiMAX2+と比較すると速度領域が全く違うのがわかります。

光回線とは違い、契約後にすぐ利用できるのも魅力です。光回線の工事は繁忙期ともなると数か月またされるのは当たり前で、契約後にすぐ利用できません。

ホームルーターなら届いたらコンセントにつないで電源をONにしたら即利用可能。この手軽さがWiMAXのいいところです。

LAN接続ポートは2口

据え置きタイプのホームルーターには有線接続用のLANポートが2口ついています。モバイルルータータイプだとクレードルなどの別売りの製品を利用しないと有線接続できません。

ホームルーターは最初からポートがついているのであとはLANケーブルを挿すだけです。お手軽です。

L11の良かったポイント

L11を契約するメリットは以下の通りです。

メリット
  1. コンセントに挿すだけで使える
  2. Wi-fi6対応でwifiの速度・安定性UP
  3. 有線接続できる
  4. au5G対応で下り最大2.7Gbps

次に気になる点をみていきます。

デメリット
  1. 3日15GB制限がある
  2. ZTE製

ホームルーターがあるとどうしても大量に通信をしてしまいます。そんな時に気になるのは3日15GBの制限でしょう。

制限中の速度も1Mbps程度であること、制限時間も18時から翌2時の間といってもやはり動画やゲームに関しては確実に支障がでます。これを許容できるかどうか。

それと冒頭でも書きましたが、セキュリティ上問題があるとされているZTEの製品をあえて使う必要があるのか?

2021年11月にはNECプラットフォームズからL12も発売されました。あえてL11を契約する理由はないでしょう。

これからL11の契約はおすすめしません

これからあえてL11を契約する必要はなく、いまはL12を選ぶ方がいいはずです。L11の優位性はありませんから。

自宅利用が中心のかたには電波感度がよく、速度がでやすいホームルーターをおすすめします。

おすすめのプロバイダはこちらの記事にまとめました参考にホームルーター契約の参考にどうぞ!WiMAX 5Gキャンペーンプランを徹底比較!おすすめのプロバイダはここでした!

L11のよくある質問

有線接続はできますか?
有線LANポート2口あるので可能です。
通信速度はどれくらい?
下り最大2.7Gbpsです。
au5Gやau4Glteも接続できるの?
WiMAXの契約もすでにau回線メインになっています。ほとんどのau回線の周波数帯は利用できます。

関連記事