GMOとくとくBBの契約中でも、新しい機種に機種変更と思った時にはどうしたらいいでしょうか。

とくに2年の契約期間内に、最新端末がリリースされた場合などは性能差があるなら新しい端末を使いたいこともあるでしょう。

GMOとくとくBBで機種変更するならどうするかをまとめたので参考にどうぞ。

GMOとくとくBBの機種変更プランは全然お得じゃないから機種変更をしてはいけません

GMOとくとくBBも契約更新のタイミングが近づいてくると、管理画面のBBNaviで「機種変更の案内」を見たことがある方もいるかと。

契約更新月が近づいてくると、そろそろ端末も新しいものが欲しくなってくる頃です。でも、この機種変更キャンペーン実は全然お得ではないんです。

機種変更

なぜGMOとくとくBBの機種変更キャンペーンを利用しないほうがいいのかを解説していきます

GMOとくとくBB 機種変更の概要

機種変更キャンペーンの内容を説明します。

対象ユーザー

おトクな機種変更でインターネットをもっと快適に!GMOとくとくBBのWiMAX 2+を 20ヶ月以上 ご利用のお客様はWiMAX 2+最新機種に端末代金0円で機種変更できます。 ※WiMAX 2+を20ヶ月以上ご利用でも「スマホ割4年」にお申込みの方は機種変更の対象外です。 ※機種変更後、20ヶ月以上ご利用の方も対象です。 ※実際の通信速度は、通信環境や混雑状況などに応じて変化します。

すでにユーザーで20ヶ月以上の利用であれば「端末代金が無料」です。

このキャンペーンの特典は

  1. 更新月でなくても契約解除料金が0円
  2. 機種代が0円
  3. 送料0円

この特典を見てどう思いましたか?機種変更なのに「契約解除料金」って何の話って感じです。そう。この機種変更キャンペーンは機種だけを交換するのではなく、契約内容もまったく新しいものに変更されてしまいます。

これまでの契約はここで終了。機種変更の申込み月までは「現在ご利用中のWiMAX2+月額料金」翌月からは月額4,263円で2年プランもしくは3年プランがスタートします。

この機種変更キャンペーンには「高額キャッシュバック」も「月額割引」もありません。

これなら更新月で解約して「新しいキャンペーン」で申し込んだほうがお得です。もし、あなたが安くWiMAXを契約したいと思っているなら、機種変更キャンペーンの誘いに乗ってはいけません。

契約者の名義が違えばキャンペーンは適用される

gmo wimaxのキャッシュバックは、毎月毎月、他社プロバイダーよりも確実に高額です。ですから、gmoとくとくbbでキャッシュバックの受け取りが問題なくできた人にとっては再契約をなんとかしたいところです。

このキャンペーン適用外を回避するための方法として、契約者を変える方法があります。同居している人を契約者として再契約する方法です。(もちろん家族の許可を取る必要はありますが。)例えば、両親や奥さん(もしくは旦那さん)、子供を契約者にすればいいのです。

もちろん、同居している家族が過去にGMOとくとくBBのサービスを利用したことがある場合にはこの方法は使えません。

月額料金が安くなるプランは契約可能

gmo wimaxは高額なキャッシュバックキャンペーンの他にキャッシュバックではなく月額料金が安くなるプランもあります。こちらのプランは過去にGMOとくとくBBを利用したことがある方でもキャンペーン対象となります。

過去にGMOとくとくBBにご入会されていても本キャンペーンはお申込みいただけます。

ただし、月額割引の場合は、他のプロバイダーで契約したほうが安くなる可能性もあります。GMOとくとくBBを解約後に月額割引きプランで申込みを考えているなら他社プロバイダーとの料金比較もしておいたほうがいいでしょう。