THE WiFiは無制限のポケットwifiの中でも知名度が高く人気がありました。格安スマホの販売などをしているスマートモバイルコミュニケーションズが販売していることもあって信頼度も高く、有名芸能人を起用したCM効果もあってかなり好調だったようです。

しかし、もしこれからTHE Wifiを契約を検討しているなら注意が必要です。現在THE WiFiは無制限プランを廃止して制限があるプランのみの販売となっています。もともと他のポケットwifiと比較しても料金は安めに設定されていたのでお得感があっただけに残念ですね。

The Wifiのプランと料金

以前は「無制限」をウリにしたプランを販売していましたが、8月26日にデータ通信サービスのプランと料金が変更されました。

使える回線はドコモ・ソフトバンク・auの3社を利用できるのは変わりません。

通信容量はこれまでの制限なしから、1日4GBまでの利用となりました。月間では124GBがMAXです。ちなみに既に契約しているユーザーはこのまま「無制限」での利用が可能です。

データ容量を超えてしまった場合には制限がかかります。

  • 制限を超えた時点から翌日の9時まで通信速度が下り最大128Kbpsに
  • 制限を解除したり、容量を追加する方法はない

THE WiFiの制限は1日のデータ容量の上限である4GBを超えた時点から速度制限がかかります。速度制限は朝の9時まで継続します。9時すぎるとリセットされて下り最大150Mbpsでの通信が可能になります。

速度制限にかかると自力で解除する方法はないため、朝9時を待つしかありません。

The WiFiの料金プラン

料金プランは2つあります。違いはWifiスポットが利用できるかどうか。

Wifiスポットとはカフェ、レストラン、交通機関、商業施設、オフィスや学校などで通信量を気にせず、インターネット接続できるサービスです。The Wifiが提携しているのはエコネクトで全国15万箇所のWifiスポットでWifi接続することができます。

  • THE WiFi 4GB/Dayプラン WiFiスポット利用可能
  • THE WiFi ライト4GB/Dayプラン WiFiスポット利用不可

この違いとなります。料金の違いを確認してみましょう。どちらもキャンペーン料金を記載しています。

THE Wifi 4GB/Dayプラン THE Wifi ライト 4GB/Dayプラン
1ヶ月目 3,480 3,480
2-3ヶ月目 3,480 3,480
4ヶ月目以降 3,842 3,480

最初の3ヶ月は同じ料金ですが、4ヶ月目以降はライトプランが毎月362円安く利用できます。Wifiスポットも利用したいなら通常プランで必要なければライトプランでいいのではないでしょうか。

どちらか迷っているならライトプランを選ぶのがいいでしょう。WifiスポットそのものはTHE Wifiで契約しなくても他のサービスで契約できたりします。必要性がわからなければあえて契約する必要はないでしょう。

最低利用期間は2年

THE WiFiの最低利用期間は24ヶ月となっています。途中で解約をする場合には解約事務手数料が必要となります。解約事務手数料は9,800円です。

ちなみに端末はレンタルになるため、端末を破損するとレンタル機器損害賠償金として12,000円かかります。

THE WiFiをオススメできないたった一つの理由

これまでは「同じ無制限WiFi」と比較するとやや安い価格設定だったので人気がありましたが、すでに無制限ポケットWiFiは破綻しており、無制限で販売している会社がなくなってしまいました。

ただいまだに、ドコモ、au、ソフトバンクの3回線が利用できるので利用エリアが広いのは大きなメリットです。

それはわかりますが「無制限」で使えるのがウリだったのに、その無制限が無くなってしまったのですからTHE WiFiと契約する理由がありません。

WIMAXやY!mobileと比較しても遅い回線

THE WiFiや他の無制限プランも同じなのですが、最初はいいんです。契約者数が少ない間は回線速度が確保されます。最初は多めに容量を確保しているでしょうし、そもそも契約者が少ないですから。

ですから最初の期間だけ利用していると十分に速度が出ますから速いと錯覚します。だから回線速度が速く安定しているなんてレビューがでてくるんです。

しかししばらく経過すると。一気に速度が出なくなります。

弊社が提供する「THE WiFi」および「めっちゃ WiFi」は、様々な通信事業者の SIM カードを仮想化した「クラウド SIM」を活用したモバイル Wi-Fi ルーターです。通常は端末 1 台に対して SIM カードが 1 枚物理的に入っているた め、その SIM カードの規定容量になると速度制限がかかりますが、「THE WiFi」および「めっちゃ WiFi」はクラウド側の 制御により別の SIM に紐づけることができるため、端末に SIM カードを挿さなくても、電源を入れるだけでクラウド上の SIM カードを自動で割り当てることができ、SIM カードの規定容量にとらわれることなくインターネットなどを利用すること ができます。 弊社では、サービスを開始した 2019 年 10 月以降のユーザー1 人当たり通信量を参考値とし、新規ユーザーの 増加見込みに応じて通信設備の確保に取り組んでまいりましたが、緊急事態宣言に伴う外出自粛の影響により、多 数の方より新規お申込みをいただく中で、1 人当たり通信利用量も本年 2 月の平時と比べて約 1.6 倍に増大する などしたことから、トラフィック(通信量)の総量が急増したことに伴い、確保したリソースが需要に追い付かず一部のユ ーザーで速度低下が生じる状況となってしまいました。 このような状況下、弊社ではクラウドサーバー上の通信帯域や SIM の追加確保に注力することで通信設備を増強 し、通信環境の改善を図ってまいりました。また、当初は新規申込みのお客様には即日端末をお送りしておりましたが、 在庫調整による出荷調整もあり新規申込みから端末出荷まで約 1 カ月お待ちいただいており、設備増強の効果が 既存のお客様の通信環境に直接反映されやすい状況になっております。その結果、弊社の定期的なモニタリングにお いては、ウェブブラウジング時のストレスが 5 月後半から 6 月上旬をピークに徐々に軽減していることを確認しておりま す。しかしながら、依然として一部のお客様より通信速度の低下に関するご報告を受けております。引き続き弊社では 回線供給元とも連携しながら改善策を施してまいります。

このような結果になります。WEBサイトでお詫びを出さないとけいけないほど速度低下が起きてクレームが入りました。

THE WiFi回線速度の評判

では速度低下がどれほど酷かったかがわかる口コミ・評判を集めてみました

このような評判が多いですね。速度が出ないのは単純に回線の容量が少ないからです。無制限WiFi系メインでソフトバンク回線を掴んでソフトバンク回線がつながらない場所ではドコモやauに繋がります。

ですからもっとソフトバンクの回線を多く借りればいいんです。先のプレスリリースでは想定外の通信量のためと書かれていましたし、たしかに想定外の部分もあるのは間違いないのですが、何ヶ月も速度がでない状態になっているのは問題があるでしょう。

WiMAXやY!mobailと比較してもハッキリと分かります。WiMAXやY!mobileは電波が悪い場所もしくは回線に制限がかかっているとき、には遅い速度になることもありますが、通常時でこんな遅いことはありません。

本来どれだけ使っても速度制限にかかることがない!がウリだったのに、通常接続でもWiMAXやY!mobileの制限時の速度以下しか出ないのですから困ったものです。

どんなときもWiFiや限界突破WiFiも同じように通信回線が遅くなり、インターネット接続すらできなくなりました。そのために通信制限を設けていましたが、THE WiFiも同じように通信制限を設けることにしたため、通信プランが変更になったというわけです。

THE WiFiのマルチキャリア対応

マルチキャリア対応で繋がりやすいのは、良いポイントです。しかし、問題はドコモ回線が格安SIMや格安スマホの又貸しになっているところ。どうやらドコモは簡単に契約できないようです。ソフトバンクやauは格安SIM経由ではないようです。

マルチキャリアで3つの回線を掴むのであれば、利用者が増えてもいろんな回線に繋がるから回線が混雑してパンクすることなんてないだろう!そう思うかもしれませんが、そんなことありません。すぐに回線はパンクして一番コストの安い回線に繋げられることになります。

このあたりも期待はずれでした。

解約金がやや安い

2年縛りのある契約ですが、解約違約金がやや安い点に関しては良心的です。

ポケットWifiは一般的に契約更新後も解約月以外に解約をすると違約金が発生します。これは何年契約していても同じで解約違約金がかからない月に解約しないと違約金が発生する仕組みになっています。

ところが、THE WiFiは契約から24ヶ月以内に解約をしてしまうと解約事務手数料が発生しますが、25ヶ月以上利用するといつ解約しても違約金が発生しません。2年契約を終えればその後はいつでも解約できるのは助かります。

24ヶ月以内の解約で発生する解約事務手数料は9,800円でこの金額も安いです。

違約金
THE WiFi 9,800円
どんなときもWiFi 最大19,000円
WiMAX 最大19,000円
Y!mobile 9,500円

このようにY!Mobileだけは同じ金額ですが、それ以外は高い料金となります。WiMAXやどんなときもWifiは1年使うごとに解約違約金が安くなる仕組みになっています。詳しくはgmo wimaxは解約のタイミングで手数料が変わるから要注意にて解説しています。

THE WiFiを契約するならWiMAXをオススメしたい

THE WiFiの無制限プランは完全に失敗に終わりました。これから1日4GB制限を導入するのであれば、WiMAXのほうが実用的です。すべてが優れているとは言えませんが、エリア内で利用できれば、速度も安定的に速いです。そして何よりポケットWifiの市場で11年の実績があります。

一方でTHE WiFiは開始から半年と持たずにプラン変更を余儀なくされています。今後どうなるのかすらわかりません。これから契約するならwx06を契約することをオススメします。