WiMAX SPEED Wifi NEXT W07の発売が2020年3月以降との発表がありました。wx06に続いて新端末の発売が決定したか!!と喜んでいたのですが色々と喜べない事情がありました。

w07

このページではW07のスペックや、今後の発売予定などを解説していきます。

現在発売中のW06と悩む方もいるかも知れませんが、これから契約するならWX06を契約しておくのが無難です。理由はW06とWX06ならどちらを選ぶか?にまとめています。必ず目を通すようにしてください。

では早速みていきましょう。

目次

  1. Speed Wi-Fi NEXT W07発表で驚いた2つの出来事
  2. 法人向けにKDDIが販売
  3. ファーウェイからシャープへメーカーがー変更された
  4. WiMAX W07のスペックと特徴のまとめ
  5. 4000mAhバッテリー
  6. 下り最大958Mbps
  7. 初期設定が楽になるQRコードやWPSに対応さらにクレードル有り
  8. W07まとめ

Speed Wi-Fi NEXT W07発表で驚いた2つの出来事

W07が発表されたのはすごく期待が高まるのですが、まさかの出来事が2つ

  1. 法人向けにKDDIが販売
  2. ファーウェイ社製ではなく、シャープ製にメーカーが変更

これが今後どうなるのかを考えてみたいと思います。

法人向けにKDDIが販売

シャープのプレスリリースには「法人向け」が明記されていて、販売もKDDIと沖縄セルラーとなっているのでこちらも法人向け営業部隊だけが取り扱う予定のようです。

UQコミュニケーションズからは何もアナウンスがないので今のところ個人向けに販売されことはなさそうですね。ただ法人向けも3月以降の販売となっているため暫くは様子見です。

ただこれまでもモバイルルーターは常に2機種リリースされているのでそのうち個人向けにUQコミュニケーションズから発売されるようなきがします。ラインナップが1機種ではちょっと寂しいですし個人向けの販売を期待したいところです。

ファーウェイからシャープへメーカーがー変更された

これまでWiMAX2+のモバイルルーターを製造していたのは「ファーウェイ」と「NECプラットフォームズ」の2社でした。やはり2019年に決定的となったファーウェイとアメリカの取引停止の影響が大きかったように思われます。

これまでW06などWから始まるルーターをファーウェイが、WX06などWXから始まるルーターをNECプラットフォームズが製造していたので、シャープが参入するなら名前を変えれば良さそうなものですが、同じ名称を利用するのはファーウェイが撤退してシャープと入れ替わるということなんでしょうか。

いずれにしてもファーウェイの動向がわからないだけに今後の「ファーウェイ製のW06」の購入は避けるようにしたほうがいいでしょう。すでに撤退しているならメンテナンスやアップデートは恐らく入りません。ソフトウェアの不具合が生じても放置となる可能性があります。

これからすぐに契約をするなら2020年1月30日に発売されたばかりのspeed wifi next WX06がおすすめです。

WiMAX W07のスペックと特徴のまとめ

W07のスペックは以下のようになります。まだ開発途中で測定中な部分もあるのですが、現時点で分かっている情報をまとめています。

wx05
機種名 W07
製造元 シャープ
ネットワーク WiMAX2+, au 4G LTE
速度 下り最大不明
速度(lte) 下り最大958mbps
重さ 150g
外寸 h108×W72×D15mm
カード規格 Nano IC
使用時間 測定中
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/n/a(5GHz) ,11n/g/b(2.4GHz)

このW07は3つの特徴があります。

4000mAhバッテリー

大容量のバッテリーを搭載しています。4000mAhです。まだ連続通信時間などはメーカーサイドで測定中とのことですが、WX06やWX05で採用されているバッテリーNAD34UAAは3200mAhです。ですからW07のバッテリー容量はWX06と比較して125%!

WX06はバッテリーをノーマルモードにすると11.5時間連続通信が可能ですから単純計算だと14時間以上連続で通信できることに。恐るべし。

さらにバッテリーが交換可能だと言うことないですね。

下り最大958Mbps

WiMAXのモバイルルーターはそれほど速度を比較しても仕方がないのですが、958Mbpsはハイスピードプラスエリアモード利用時の速度で、WiMAX2+とau 4G LTEのキャリアアグリゲーションをさせた理論値になっているはずです。

この速度だと、ハイスピードモード(WiMAX2+)の速度は440Mbpsになりそうな予感です。WX06と同じですね。

このサイトでは何度も言っていますが、端末の理論値なんてほぼ変わりないです。実測してみると同じくらいの速度しか出ませんから。

初期設定が楽になるQRコードやWPSに対応さらにクレードル有り

初期設定が簡単になるようにQRコードやWPSでの接続もできるようになっています。このあたりも最近の機種はすべて搭載されているのでそれにならった感じでしょうか。

W07はクレードルが有るそうです。クレードルがあるとLAN接続ができるようになるので使い勝手いいですよね。W06はクレードルなしになっていましたからクレードルの復活は歓迎です。

楽しみなW07ですが、結局の所「法人向けのみ」で終わってしまう可能性もあります。シャープ製のモバイルルーターがWiMAXとしては初めてなのでW07は法人向けでテストして次のW08から個人向けに採用とかそんな流れなのかもしれません。

今すぐにWiMAXの契約を考えているのなら出るか出ないかわからないW07を待っていても仕方ないので最新のWiMAX WX06の契約がおすすめです。

W07まとめ

w07のよくある質問をピックアップしました

W07はいつ発売されるの?

2020年3月以降予定となっています

誰でも契約できるの?

現在は法人向けでの販売となっており個人向け販売の予定はアナウンスされていません。

今すぐWiMAXの契約をするならどの機種がいいの?

最新機種のSpeed Wifi NEXT WX06がおすすめです。詳しい内容はWX06レビューページにまとめています