2020年10月1日よりエキサイト株式会社のインターネット・サービス・プロバイダBB.exciteからexciteモバイルWiFiが発売開始されます。

ポケットWifiを利用したインターネット接続サービスですが、最近色々なところから発売されているクラウドWiFiとは違って、ドコモの回線のみを利用したサービスとなっています。

では早速エキサイトモバイルWifiのおすすめポイント、メリット・デメリットを確認していきましょう。

エキサイトから発売されるexciteモバイルWiFi

exciteモバイルWiFiはエキサイト株式会社のサービスです。エキサイトは光回線から格安SIMまで手掛けるこの界隈では老舗かつ大手のインターネットプロバイダです。

もともと競争の激しい業界で、他社との差別化を図りながら独自サービスを提供しているイメージの強い会社です。この業界も長いですし、信用できる会社の一つです。

そんなBB.exciteから発売されるポケットWiFiサービスが「exciteモバイルWiFi」です。

exciteモバイルWiFi 3つのメリット

eciteモバイルWiFiは大きな特徴が3つあります。

ドコモ回線を利用している

exciteモバイルwifiはドコモ回線を利用してるポケットWiFiプランです。

最近色々と悪い話題をバラマキ続けていたクラウドWiFiはメインはあくまでもソフトバンクの回線でした。ドコモ回線は別の格安SIM回線だったために遅い回線だらけでした。

ドコモ回線をメインにすえているということは、ドコモのエリアで利用できますから、どのモバイル回線よりもエリアが広く確保されます。電波状況によって速度が左右されるものの、ソフトバンクやau、WiMAX2+よりはエリアが広いです。

ドコモ回線しか電波が届かない場所だとこれまでポケットWiFiの選択肢がありませんでした。

月間の通信容量に制限がない

なんとexciteモバイルwifiは月の通信容量制限がありません。その代わり3日10GBの制限があります。このパターンはWiMAX2+を意識してのプランになっています。

3日間で10GBを超えると下り最大700kbpsまで速度が落とされます。これはSNSがなんとかできる速度だと思ってください。動画などは低品質で再生すれば動かないことはないでしょう。ただ実用的とは言えません。

3日で10GB以下ですませるには1日あたり3.3GB程度利用できます。月間で実際に利用できるのは100GBほどだと思っておくと間違い無いと思います。

ドコモ回線で料金が安い

ドコモ回線を利用しているのですが、料金が非常に安いです。たとえばドコモと直接契約したときの料金はギガホを割引無しだと7,650円です。これで月100GB利用できます。

一方でexciteモバイルWiFiの価格は月額3,580円です。およそ半額ですね。

ドコモの回線を利用しながらリーズナブルで大容量の契約ができることになります。

ここまでは特徴とメリットです。ここからは心配な点も見ていきましょう。

exciteモバイルwifiの不安要素、デメリット

まだ発売前の現時点でも不安要素は多いです。

回線速度は遅くないのか

これは格安スマホを考えてもらえばわかります。格安スマホは回線の一部をプロバイダが借りてその回線を運用します。ですからドコモと直接契約するよりも一般的には速度がでなくなります。

さらに沢山の人が同時接続する時間帯は地獄です。お昼休みの時間や夕方以降は速度がガクッと下がります。これは格安スマホを契約している方は分かると思います。

格安スマホはそれでも「あまり利用しない人」向けのサービスです。ポケットWiFiのサービスは真逆で大容量の通信をしたいから契約します。それが同時に大量通信するわけです。これでサービスが果たして成り立つのか。

これまでも定額使い放題プランが出てきたことがありますが、制限がかかっていないにも関わらず制限がかかっているような速度しか出ないプランが多く、しばらくすると消えてなくなりました。

一番の心配要素はこの速度の問題です。本家ドコモが倍の料金設定をしているのに、同じようなプランを半額で提供できるのか?本当に快適に通信できるのか?

ドコモと同等の速度は出ないまでもWiMAXと同等の20-30Mbps程度は常時でるようでないと使い勝手はよくないでしょう。

3日10GB制限が厳し目

WiMAXと比較したときに3日10GBが厳しい内容になっています。

exciteモバイルWifi wimax2+
3日10GB制限 あり あり
制限時速度 1Mbps 700kbps
通信の最適化 なし あり
制限時間帯 18時から翌2時頃まで 10GB超えた時点で速度制限ー深夜から朝方解除

このようになりました。速度制限のタイミングがリアルタイムなのは分かりづらいので使いづらくなります。また制限時の速度がWiMAXのほうが速く、解除される時間も早そうです。

また、通信の最適化といって特定のアプリで制御をかけたり、画像ファイルを圧縮したりされることがる。また動画ファイルの送受信や、ストリーミングなどを大量に行った場合には一時的に制限をかける場合があるとの記載もあります。

この手の記載があると例えば、Youtubeなどの動画アプリは極端に速度が出なかったりすることもあります。これはプロバイダ側のさじ加減なので、実際に使ってみないとわかりませんが、もし契約をするなら想定はしておいたほうがいいです。

WiMAXはこの手の通信制限がありません。この差はかなり大きいです。

端末がファーウェイ製

このサイトではなんども取り上げていますが、さすがに今の段階でファーウェイ社製の端末を使わせるのはどうかと思います。

ファーウェイはアメリカとの関係悪化で、スマホ製造に必要な部品もソフトウェアなどもまともに利用できない状況です。問題が改善されてファーウェイが通常営業してくれたらなんの問題もないのですが、今の状況でファーウェイ製を取り入れる必要があったのかどうか?

端末補償サービスは通常料金に含まれているので、故障時も心配はないのですができれば別機種にしてほしかった。

exciteモバイルwifiは積極的にはおすすめできない

現時点では不明点も多く、特に制限や制御されるのがどこまでなのかがサッパリわからないのでヘビーユーザーほど契約は焦らないほうがいいです。契約したあとで「このアプリは速度がでなかった」とか「元画像を圧縮しないでほしかった」なんていっても遅いですから。

また、サービスがどの程度安定して使えるのかもわかりません。いままでドコモ回線で定額使い放題を掲げていたプランも出ては消え出ては消えでした。通信速度が格安スマホ同等では話になりません。

料金面で見ても、月額3580円は「gmoとくとくbb wimaxのキャッシュバックプラン」に比べたら高いです。

いずれにしても安定して使いたいのであれば今の時点ではWiMAXの契約をオススメします。

exciteモバイルwifiが来年のこの時期でも快適で快速なら状況が変わります。特にサービス開始時は回線に余裕があって、速度が出ます。口コミなどで惑わされずに継続して利用ができるかどうかを判断してください。

WiMAXはその点、このサービスをすでに10年以上安定して続けています。今日明日で急に速度がでないなんてことにはならないでしょう。この差は大きいです。

実際に契約して試してみた

エキサイトモバイルWifiを実際に契約して試してみました。

なぜエキサイトモバイルWifiと契約したのか、何を期待していたのか?というと。

  • ドコモエリアで高速、月間制限なし
  • 料金はWiMAXと同程度

この2つです。当然WiMAXよりもドコモのほうがエリアが広いです。使い勝手は間違いなくいいはず。問題は回線速度。これまでもドコモの回線を利用したプランがいくつか販売されてきましたが、どれも速度が伴いませんでした。

今回の設定料金はWiMAXよりもやや高いですが、これくらいなら許容範囲だろうということで契約してみました。

まずは結果から。「契約はオススメしません」

理由は簡単で、「速度があまりにも遅すぎるから」。これだけです。

エキサイトモバイルWifiの実測値

まずは速度計測した結果から。正直なにかルーターの調子が悪いのかと思ったほどです。

エキサイトモバイルWiFiの実測値

何度も測ってみたのですが、全て同じような結果になったので、おそらくこの速度程度しかでない回線なんでしょう。

期待はずれというか、この程度の速度だとまったく使い物にならないんですよね。SNSが限界という。SNSをやるためにモバイルルーター契約しないよねっていう。

とくに残念だったのが、エキサイトがこの回線を管理していないことです。速度計測して一番ビックリしたのがそこでした。このエキサイトモバイルWifiはSo-netと回線契約をしているんです。

さすがにこのタイミングでのモバイルwifi参入だったので自社でドコモから回線を借り受けて速度や制限を管理していくのかと思っていたので誤算でした。

ということで月間制限をなくす代わりに低速域でコントロールされているということでしょう。いかんせんエキサイトとSo-netの回線契約の中身はわかりませんから、こればっかりは契約してみないとわかりません。

ということで「初期契約解除制度」を利用して契約を解除することにしました。

エキサイトモバイルWiFiの初期契約解除手続きを行う

回線が速くなることがあるかも。と期待しつつ5日間ほど利用しましたが結果なにも変わらずで、ダウンロード速度は1.5Mbps前後をウロウロ。アップロードの速度は10Mbps前後って感じでした。

これでは使い物にならないので、「初期契約解除制度」を利用して解約をすることにします。

初期契約解除制度は平成28年5月21日施行された消費者保護のルールです。携帯契約のクーリングオフのようなものと思っていただければいいかと思います。

適用される契約とそうでない契約があるのですが、エキサイトモバイルWiFiは初期契約解除制度の対象になっています。ですから「電気通信事業者の合意なく利用者の都合のみで契約を解除」できるんです。

速度が快適だったら継続利用しようと思っていたのですが、なにせ下り1.2Mbpsですから・・・せめて10Mbps程度出てくれればかならいいいービスだと思うのですが。残念です。なかなかそれだけの速度を維持しようとすると採算があわないのかもしれません。

少し話が逸れましたが、エキサイトモバイルWiFiの初期契約解除制度の手続きについて説明します。

もし、これから初期契約解除をするのであればエキサイトモバイルWiFi初期契約解除についてのページで確認しながら手続きをすすめてください。

特に重要な点だけ説明すると

  1. 書面をFAX送信する
  2. 契約内容の通知をお客様が受領した日から起算して8日間を経過するまでの間、もしくは本サービス利用開始日を1日目として8日目までのいずれかの間にFAXを送信する

この2点です。FAX送信以外の方法が無さそうなので、コンビニなどからFAXを送るようにしましょう。記載事項はさきほどのページに書かれています。かならず必要事項をすべて記入して送信してください。

分かりづらいのが「初期契約解除対象の電話番号」ですが、SIMカードの台紙に書かれています。それ以外は分かりづらい点もないはずです。

書面をFAX送信すると、エキサイトモバイルWiFiから「エキサイト初期契約解除手続受領のお知らせ」がメールで送られてきます。

メールの指示通りにSIMカードとモバイルルーターを返送すれば初期契約解除完了です。

ということで、当サイトの意見としては「エキサイトモバイルWiFi」はオススメしません。モバイルWifiルーターの契約を検討しているのであればWiMAXの契約をオススメします!