GMOとくとくBB WiMAX解約後の再契約はキャッシュバック対象外になるって本当?解約後はどうしたらいい?

GMOとくとくBB WiMAX解約後の再契約はキャッシュバック対象外になるって本当?解約後はどうしたらいい?
GMOとくとくBB WiMAXの再契約

WiMAXの契約は割引期間を過ぎると割高な契約になります。契約期間が満了したタイミングの更新月に解約するのが一般的です。

以前にもGMOとくとくBBでWiMAXを契約していて通信品質もとくに問題なかった。GMOとくとくBBは安いから次に契約するのもGMOとくとくBBにするとお得に契約できる。

そこで気になるのが、過去にGMOとくとくBBのキャンペーンを契約していたときにキャッシュバックを受け取ったことがあるけど、またGMOとくとくBBのキャンペーンを利用して新規契約できるのかどうか?ではないでしょうか。

そこでこのページでは「GMOとくとくBBは再契約でもキャッシュバック対象になるのか」を調べました。

GMOとくとくBBは再契約(2回目)でもキャッシュバックの対象になる

WiMAX+5Gでは過去にキャンペーンを利用していて、GMOとくとくBB WiMAXと2回目の契約で以前にキャッシュバックを受け取ったことがある人でも、キャッシュバック特典の対象になります。

実はWiMAX2+のときには再契約の場合にはキャッシュバック対象外となっていました。 実際に、契約時の注意事項にも

本キャンペーンはGMOとくとくBBに新規にご入会となる方が対象となります。過去にGMOとくとくBBと契約され、現在退会済みの方は対象外となります。 キャンペーン期間中に本キャンペーンページよりお申し込みいただいた方のみ対象となり、過去に本キャンペーンの適用を受けた方は対象外となります

と注意事項に記載がありました。

この規約はWiMAX+5Gプランが開始されて無くなりました。GMOとくとくBBに問い合わせたところ、5Gプランは過去にキャッシュバックキャンペーンを利用したことがある場合でもキャッシュバックを受け取ることができる。と回答をいただきました。

ですから過去にGMOとくとくBBでWiMAXのキャッシュバックキャンペーンを利用したことがあり、次がGMOとくとくBB WiMAXで2回目の契約となる場合にもキャッシュバック受け取り対象となります。

つまりGMOとくとくBB WiMAXの2回目以降の契約でもお得な料金で契約できるようになったということです!!

WiMAXの契約は継続利用で損する仕組み

WiMAXの契約は2年満了もしくは3年満了で更新月が来ます。更新月だけは違約金がかからずに解約できます。ここで解約をしないと今契約している期間と同期間で契約が自動延長されます。

2年契約なら2年延長、3年契約なら3年延長です。

延長された期間は「長期利用割引」の500円程度安くなる割引しかありません。

キャッシュバックや月額割引も適用されませんから、ただ高い料金での継続利用となってしまいます。ちょっと勿体無い気がしませんか。

最もお得なのは、多少手間があるものの、現在の契約を解約して、新たにキャンペーンを利用して新契約を結ぶこと。

新キャンペーン&新端末でWiMAX生活が再スタートです。

GMOとくとくBB WiMAXと2回目の契約を含む3つの選択肢

GMOとくとくBB WiMAXとの現在の契約期間が終了するタイミングで検討したいポイントは

検討ポイント
  • 楽天モバイルへの移行
  • WiMAX+5Gの新規契約 GMOとくとくBBで再契約
  • WiMAX+5Gの新規契約 プロバイダを変える

このように3つほど選択肢があります。それぞれメリット・デメリットを解説します。

楽天モバイルへの移行

wimaxから楽天モバイルへ

はWiMAX+5Gと比較すると料金が安いです。

WiMAX+5Gの通信料金は月額4,290円。一方、楽天モバイルは3,168円です。楽天モバイルもWiMAX+5Gとどうように無制限で利用できます。それでいて、月額料金は1,000円以上節約できます。

利用エリアの問題はあるものの、楽天モバイルのエリア内なら圧倒的にコスパが良いです。

特にGMOとくとくBB WiMAXで5Gの機種を契約していた場合には、その機種がそのまま楽天モバイルで利用できます。 そのために新しく機種を買い足す必要がないんです。

WiMAXを新規で契約し直すとどうしても機種がセットになってしまうのでコスパが悪いんですよね。

もしこれからWiMAXの再契約を検討しているのであれば、一度、楽天モバイルを使ってみることをオススメします。 契約事務手数料もかかりませんし、解約違約金もかからないので初期費用ゼロでスタートできます。一度お試し感覚で楽天モバイルを利用してみて問題なければ継続利用すればいいし、もし電波が弱い、速度が遅いなど問題があれば楽天モバイルは解約してWiMAXを再契約するのがいいと思います。

参照
:

WiMAX+5Gで新規契約 GMOとくとくBBで再契約

楽天モバイルが利用できない場合には、WiMAX+5Gの契約を検討することになります。 ここでの選択肢は で再契約をするのか、もしくは別のプロバイダで契約をするのかを選択することになります。

すでにWiMAXを利用しているでしょうから、あとは料金の比較ということになります。 1年、2年、3年利用時の合計金額で安い順に掲載しています。含まれている金額は、事務手数料+月額料金+機種代金から割引などの特典を引いた合計金額です。

  • 1年料金
  • 2年料金
  • 3年料金
名前総料金詳細
56,296
65,956
66,704
75,350
80,069
80,234
81,267
eWi-Fi89,782-
au95,374-

実は1年間の利用なら、が最安という結果になっています。詳細はこちらで解説していますが、は機種代金が安いんです。そのため短期利用だと1番安くなります。

2年以降の利用だとキャッシュバックが高額な が安くなります。

つまり今後どれくらいの期間WiMAXを契約するかによって契約先を変えるといいでしょう。

WiMAXプロバイダ選び
  • 1年以内の契約 -
  • 1年以上使う -

この選び方をするとコスパがいいでしょう。

結論: GMOとくとくBBは再契約できるが、他の選択肢も要検討

これまでのWiMAXの契約は一択のような状況が長く続いていましたが、の参入や、電気通信事業法の改正にともなう高額な解約違約金の廃止などにより、モバイルWi-Fi環境も選択肢が変わりました。

利用環境によって選択肢は変わりますが、以下のような選びかたをオススメします。

乗り換え先候補
  • コスパ最強 -
  • 1年以内の契約 -
  • 1年以上使う -

使えれば、は本当にコスパがいいので、で問題がなければ試してみることをオススメしますよ!!

関連記事

WiMAX

※ この情報は2024年05月01日現在の情報です
※ 最新の情報については必ず公式サイトでご確認ください。
※ 本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性、収益性を保証するものではありません。
※ 本記事ではインターネット回線に関する情報を提供していますが、サービス契約の代理、媒介、斡旋をするものではありません。
※ 本記事にて公開している情報を利用された際に生じたいかなる損害につきましても責任を負いかねますのでご了承下さい。
※ インターネット回線の契約・申込みはご自身で各社のホームページを確認、判断いただきますようお願いします。