GMOとくとくBBのキャンペーンで契約したプランがまもなく2年となるタイミングで、今後の契約について考えると思います。

WiMAX2+は通常2年契約で、キャンペーン期間も2年です。契約を継続するとキャンペーン価格が適用されなくなるので、毎月の月額料金が高くなりますから、一般的にはこのタイミングで一度、解約をします。解約に関しての説明はgmo wimaxは解約のタイミングで手数料が変わるから要注意で詳しく記載しています。

解約後にあらためて、新しいキャンペーンで契約をすることで値上がりせずにWiMAXを利用することができるからです。

GMOとくとくBBは再契約はキャンペーン適用外

残念ながら、GMOとくとくBBでは再契約者にはキャンペーンが適用されないルールになっています。これはキャンペーンページにハッキリと記載されています。

本キャンペーンはGMOとくとくBBに新規にご入会となる方が対象となります。過去にGMOとくとくBBと契約され、現在退会済みの方は対象外となります。 キャンペーン期間中に本キャンペーンページよりお申し込みいただいた方のみ対象となり、過去に本キャンペーンの適用を受けた方は対象外となります

ということで、再契約を検討している方はご注意ください。

契約者の名義が違えばキャンペーンは適用される

gmo wimaxのキャッシュバックは、毎月毎月、他社プロバイダーよりも確実に高額です。ですから、gmoとくとくbbでキャッシュバックの受け取りが問題なくできた人にとっては再契約をなんとかしたいところです。

このキャンペーン適用外を回避するための方法として、契約者を変える方法があります。同居している人を契約者として再契約する方法です。(もちろん家族の許可を取る必要はありますが。)例えば、両親や奥さん(もしくは旦那さん)、子供を契約者にすればいいのです。

もちろん、同居している家族が過去にGMOとくとくBBのサービスを利用したことがある場合にはこの方法は使えません。

月額料金が安くなるプランは契約可能

gmo wimaxは高額なキャッシュバックキャンペーンの他にキャッシュバックではなく月額料金が安くなるプランもあります。こちらのプランは過去にGMOとくとくBBを利用したことがある方でもキャンペーン対象となります。

過去にGMOとくとくBBにご入会されていても本キャンペーンはお申込みいただけます。

問題はキャッシュバックプランに比べるとやや見劣りする点です。

月額割引プランは月額3,414円で24ヶ月間利用できます。キャッシュバックプランの月額が4,263円ですから、その差額は849円。これだと、キャッシュバックプランに比べて1万円ほど高額な契約になってしまいます。

それに他社のプロバイダと契約しても、同額以上のキャッシュバックはありますから、わざわざGMOとくとくBBで契約するメリットがありません。

別名義での契約ができなければ他社に乗り換えろ!

キャッシュバックプランで契約できなければ、GMOとくとくBBはハッキリ言って安くありません。料金が安く無いなら、あまり評判の宜しくないgmo wimaxで契約する必要はないのではないでしょうか。

同居家族などがいない場合は、gmoとくとくbbの契約は解約してしまって、別プロバイダーでお得なキャンペーンを探すのが良さそうです。