Speed Wi-Fi 5G X12 NAR03は楽天モバイルで使えます。設定に注意点があるのでまとめておきます。

Speed Wi-Fi 5G X12 NAR03は楽天モバイルで使えます。設定に注意点があるのでまとめておきます。
NAR03で楽天モバイルは使えます

Speed Wi-Fi 5G X12もSIMフリー機種として発売されています。 ですから周波数帯が合うSIMカードなら利用することが出来ます。

のちほど詳細は解説しますが、楽天モバイルの周波数帯はWiMAXの周波数帯と同じ周波数帯を利用するため問題なく利用することが出来ます。

また楽天モバイルとWiMAXどっちを選ぶのがいいのかをまとめた記事でもWiMAX+5Gと楽天モバイルの回線の違い、速度・料金などを比較していますのでこちらも参考にしてください。

WiMAX X12のスペックなど機種の詳細はSpeed Wi-Fi 5G X12の実機レビューと評判をどうぞ。

Speed Wi-Fi 5G X12 NAR03 の楽天モバイルAPN設定方法

APN設定はスマホやパソコンを使って「クイック設定WEB」から行います。(説明画像はx11のものを利用しています)

参照
:

Speed Wi-Fi 5G X12 NAR03 と、スマホまたはパソコンをWi-Fi接続します。その後WEBブラウザでURLが表示されているところに「192.168.179.1」と打ち込んで接続。

以下の画像はAndroidのスマートフォンを利用しています。WebブラウザはChromeをつかっていますが、ブラウザ上部のURL入力欄に「192.168.179.1」を入力。

NAR03 APN設定

管理者パスワードを入力してログインします。 パスワードはSpeed Wi-Fi 5G X12 NAR03の本体で確認できます。「情報」→ 「端末情報」 → 「端末情報」 → 「管理者パスワードの初期値」で確認できます。

ログイン後、画面を下にスクロールして「ネットワーク設定」の「プロファイル設定」を選択してください。 するとプロファイル入力画面がでてきます。

NAR03 プロファイル設定

「プロファイルリスト」で「no setup」を選んで以下の設定を打ち込んでください。

NAR03 楽天APN

APNの設定は

  • プロファイル名 - 分かりやすい名前
  • APN - rakuten.jp
  • ユーザー名 - なんでもOK
  • パスワード - なんでもOK
  • 認証タイプ - CHAP
  • IPタイプ - IPv4&IPv6

プロファイル名はプロファイルリストに表示される名前になります。分かりやすいように「rakuten」とかにしておくのがいいでしょう。

ユーザー名とパスワードは本来不要なのですが、ここを入力しないとX12の設定ができないようになっているのでこちらも「rakuten」 などで統一しておけば良いでしょう。

初期プロファイルに「Internet」というプロファイルがはいっていますが、こちらはWiMAXのプロファイルになります。これはそのまま触らないようにしてください。

設定を完了したら、一度ルーターを再起動してください。これで楽天モバイルの回線を掴むようになります。

参照
:

楽天モバイル 最強プランは何がいいのか

ここが良いよ楽天モバイル
  • 1日10GB制限は撤廃
  • 契約事務手数料0円
  • 解約違約金 0円
  • auのパートナー回線も無制限

このように楽天モバイルはとにかく契約の金銭的リスクが低いです。WiMAXからの乗り換えには楽天モバイルをおすすめします。

かかる費用は通信費が月額最大3,278円と電話リレーサービス料、ユニバーサルサービス料が合計3円かかるので、合計3,281円。これで月間無制限で利用できます。

最低利用期間などもないので、もし楽天モバイルの回線だと速度やエリアが十分じゃない・・・。と感じるなら解約すればいいだけ。違約金などもかかりません。

このように初期費用がかからず、気楽に契約できるのが楽天モバイルの魅力でしょう。

ココが凄いよ楽天モバイル

楽天モバイル
楽天モバイルのメリット▼
  • 料金が安い
  • 無制限で利用できる
  • 契約のリスクが低い
  • 通話無料
  • 楽天ポイントがたまる
  • NBAの放送も見れる
  • auパートナー回線も無制限

楽天モバイルはリスクが低い

また楽天モバイルのキャンペーンも多数展開されているので、その中から選んで契約するのもいいと思います。

参照
:

なぜ Speed Wi-Fi 5G X12 NAR03と楽天モバイル最強プランの相性が良いのか

楽天モバイル

なぜWiMAXの機種と楽天モバイルの相性がいいのかというと、楽天モバイルが利用している4G回線の周波数帯がBAND3(1.7Ghz帯)とBAND18(800Mhz帯)、5G回線のn77とWiMAXと同じ周波数帯が利用できるからです。

BAND18はauからパートナー回線として借りてる回線になります。ですからこちらも問題なく利用することができます。

このように、楽天モバイルはauとおなじ周波数帯を利用しているのでWiMAXの機種がそのままで使えてしまうんです。

スタンダードモードで楽天モバイルバンド3を固定できる

Speed Wi-Fi 5G X12 NAR03のスタンダードモードはauのプラチナバンドであるBAND18(800Mhz)は受信できないようになっています。

そのために、通信モードをスタンダードモードにしておけばパートナー回線のBAND18を受信しないで利用することができます。

もしBAND18を利用したければ、通信モードをプラスエリアモードに変更すればOK。運用の仕方はWiMAX+5Gと同じですね。ただだとBAND18を使うのにオプション料はかかりません。

なんでバンド3に固定したいのか

楽天モバイルは4G回線の周波数帯は1.7Ghz帯しか割り当てられていないため、auから回線を借りています。 auから借りている回線を楽天モバイルでは「パートナー回線」と呼んでいます。

このauのパートナー回線はエリアは広いものの、通信速度はそこまで出ません。そのため通信速度が必要なときには楽天モバイルの回線につなぎたい

やっかいなのがこのパートナー回線はauの主力回線のため非常に電波を掴みやすいです。あまり速度のでないパートナー回線なんて普段はつかいたくありません。

そこで楽天回線(バンド3)だけ繋ぎたいときと、パートナー回線にも繋ぎたいとき。自由に切り替えができるSpeed Wi-Fi 5G X12 が活躍するわけです。

楽天モバイル

楽天の5G回線も対応

楽天モバイルに割り当てられている5Gの周波数帯は3.8Ghz~3.9Ghz帯のBAND n77ですが、このn77もSpeed Wi-Fi 5G X12 NAR03は対応しております。

楽天モバイルの4G回線も5G回線もスタンダードモードで受信できるので楽天モバイルの5Gエリアにいる人は5Gを受信できます。

NAR03で楽天モバイル回線を利用するときの注意点は2つ

注意点
  • APN設定をしないとSIMカードをさしても反応しない
  • 5GSAは楽天モバイルが対応していない

APN設定を済ましていないとSIMカードが認識できない

先にAPNの設定を済ませていないと、SIMカードを差し込んでも認識されません。 まずAPNの設定を行って、それからSIMカードを差し込むようしてください。

Speed Wi-Fi 5G X12 の5G SA は楽天モバイルでは利用できない

Speed Wi-Fi 5G X12 NAR03は5G SAに対応した機種になっていますが、楽天モバイルが5G SA方式に対応してないため5GSA方式は利用できません。

といっても楽天モバイルの5Gは利用者数が少ないからなのか、比較的速度が出やすいです。場所によってはWiMAX+5Gよりも通信速度が安定的に速いケースも出てくるでしょう。

X12をまだ持っていないなら一度WiMAXの契約をするのもいいと思います。

まだX12を持っていない。楽天モバイルもまだ契約していない。 それなら一度 WiMAXを契約してみるのも良いかもしれません。

それなら一度 WiMAXを契約してみるのも良いかもしれません。 WiMAXも2年ほど前までは「契約期間」があったため気楽に契約できませんでしたが、いまはほとんどのプロバイダで「契約期間」が撤廃されています。WiMAXを最初に契約し、その後解約をすればその機種がそのまま楽天モバイルで利用できます。

今月WiMAXを契約するのにオススメしたいのがです。

BIGLOBE WiMAXをおすすめする理由
  • 契約初月料金無料
  • キャッシュバック20,000円の受取が翌月
  • 2年間月額料金1,150円割引
  • 解約違約金なし

は契約初月無料で翌月にはキャッシュバックが受け取れます。2年間の月額割引金額も大きく、解約時に違約金もかかりません。

機種だけを中古で購入するのとさほど料金は変わらないでしょう。それなら新品の機種が手に入るWiMAXの契約をするほうがお得ではないでしょうか。

もし1ヵ月ほど利用して(今後WiMAXに戻ってくるかも知れないので最低でも1ヶ月程度は利用しておきたい)、合わなければ楽天モバイルに乗り換えればいいだけですし、お試しだと考えても良い条件だと思います

BIGLOBE WiMAXはオススメです

BILGOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAXのメリット▼
  • 2年以内なら最安!!
  • キャッシュバック20000円!!
  • キャッシュバック翌月受取
  • 口座振替もOK
  • 解約違約金ナシ
  • 契約期間なし

イチオシです

楽天モバイル 最強プランの料金おさらい

楽天モバイルの料金をおさらいしておきます。

まず楽天モバイルは「契約事務手数料0円」「契約期間がないため契約解除料金0円」です。simのみの申し込みなら初期費用は0円

月額料金は通信量(使ったギガ数)によって3段階に分かれています。

楽天モバイルUNLIMIT-VII月額料金

通信量料金
3GBまで1,078円
3GBから20GBまで2,178円
20GBを超える通信3,278円

20GB超えて無制限で使っても3,278円ですからね。WiMAXで最安のGMOとくとくBB WiMAXの2年間の実質月額(トータルコストからキャッシュバック分を引いて利用月数で割った金額)でも3741円です。WiMAXは機種代がかかるので公平な比較にはなりませんが、楽天モバイル最強プランに乗り換えると月500円以上安くなるのは結構な差ですよね。

楽天モバイル最強プランはノーリスクで利用できる

現在のWiMAX+5Gに満足していれば、楽天を利用する必要はないのですが。

  • 速度が出ない
  • 毎月それほど利用しない

こうしたケースはあると思います。

速いと思って契約したけど、10~20Mbpsほどしかでないとか、毎月の通信量がそれほど多くない。もしくは多くない月がある。

こんな人はWiMAX+5Gの料金はやや割高に感じるのではないでしょうか。

楽天モバイルはさきほども言いましたが、simのみの契約なら1円も支払わずに利用開始できます。

それでいてもし電波がとどかなければ8日以内に「初期契約解除」を利用すれば利用した通信料金とSIM・初期契約解除書面の送料のみで解除できます。

初期契約解除は、起算日(お申し込み時の「ご契約内容の通知方法」による)から8日間、書面により契約回線の解除を行うことができるものです。 また、書面のほかにSIMカードの返却が必要となります。 初期契約解除の対象は回線の契約を含むSIMのみです。詳細は、「ご契約内容のご案内」をご確認ください。 詳しくは初期契約解除についてにかかれています。

このように利用開始時の料金負担はありません。もし圏外で使えなければそく初期契約解除制度を利用すればほとんどリスクは0といってもいいでしょう。

1日10GBを超えると速度3Mbpsの制限も撤廃

楽天モバイルの欠点といってもいいでしょう。公表されていたわけではないのですが、1日の間に10GB以上利用した場合には、10GBを超えた当日は通信速度が3Mbpsに制限されていました。

これが2022年10月に入って撤廃されたようです。

総務省の会議で10GBを超えると制限がかかることについて意見がでていた(消費者保護ルールの在り方に関する検討会(第42回)ことから撤廃したのでは? これからプラチナラインの周波数帯を総務省主導で3大キャリアから分けてもらわないといけない楽天としては余計な波風たてたくなかったのかもしれませんが、実際のところはわかりません。

ただ今のところは制限がかかることなく利用できています。将来どうなるかは分かりません。

もし制限が復活するようならそこまで、解約すればいいだけです。

楽天モバイルは契約も解約もWEBで完結できる

楽天モバイルは契約も解約もオンラインで簡単にできます。WiMAXとかこのへんは見習ってほしいくらいです。

楽天モバイルの解約方法をみてもらうとわかりますが、ポチポチしてると解約できます。

あとはSIMカードを返送するだけです。

Speed Wi-Fi 5G X12 NAR03で楽天モバイル最強プランのエリア次第で十分に使える

このようにX12と楽天モバイル最強プランは非常に相性がいいです。

  • WiMAX+5Gの速度がでない
  • それほど使わない月もある

このような不満がある場合は楽天モバイル最強プランを試してみてもいいかもしれません。

楽天モバイル 最強プラン

楽天モバイル
ここが良いよ楽天モバイル
  • 1日10GB制限は撤廃
  • 契約事務手数料0円
  • 解約違約金 0円
  • auのパートナー回線も無制限
  • NBAの放送も見れる

このように楽天モバイルはとにかく契約の金銭的リスクが低いです。WiMAXからの乗り換えには楽天モバイルをおすすめします。

関連記事
WiMAX

※ この情報は2024年06月05日現在の情報です
※ 最新の情報については必ず公式サイトでご確認ください。
※ 本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性、収益性を保証するものではありません。
※ 本記事ではインターネット回線に関する情報を提供していますが、サービス契約の代理、媒介、斡旋をするものではありません。
※ 本記事にて公開している情報を利用された際に生じたいかなる損害につきましても責任を負いかねますのでご了承下さい。
※ インターネット回線の契約・申込みはご自身で各社のホームページを確認、判断いただきますようお願いします。